『イップ・マン 継承』:川井憲次が迫力のバトルシーンを盛り上げる音楽の秘密を解説

By TOMOHIRO MIBU
川井憲次が『イップ・マン 継承』の迫力のバトルシーンを盛り上げる音楽の秘密を解説。(C) 2015 Pegasus Motion Pictures (Hong Kong) Ltd. All Rights Reserved.

—近年、ドニーさんは『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』や『トリプルX:再起動』などのハリウッド映画に出演されていますね。

もともとドニーさんはスーパースターですからね。当然ハリウッドでも活躍すべき人と思っていました。ですから僕の彼に対する印象はあまり変わらないですね。

—ドニーさんはどんな方なんですか?

実はドニーさんとはあまりやりとりをしていないんですよ。ただ、「テーマ曲をピアノで弾きたいから、譜面をちょうだい」と言ってきたことはありました。「ピアノ弾けるの?」と聞いたら、「弾ける」と言っていましたけどね。

—ドニーさんのピアノの腕前は?

聞いたことがないんですよ。

—いつかドニーさんのピアノを聴く日が楽しみですね。

そうですね(笑)。



KENJI KAWAI
川井憲次 1957年、東京都生まれ。バンド活動の後、自宅録音に興味を抱き、CM等の仕事を経て映画音楽の世界へ。映画『機動警察パトレイバー THE MOVIE』(89)、『GHOST IN THE SHELL攻殻機動隊』 (95)、『イノセンス 』(04)、『スカイ・クロラThe Sky Crawlers 』(08)などの押井守監督作品や、『リング』(98)、『DEATH NOTE デスノート』(06)、『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』(10)、『貞子3D2』(13)などの映画の他、「科捜研の女」シリーズ(99〜)、「花燃ゆ」(15)などのTV作品、数々のゲーム音楽などを手がける。韓国や中国が関わる作品も手がけ、 『セブンソード』(05)、『墨攻』(06)、“イップ・マン”シリーズ、『ライズ・オブ・シードラゴン 謎の鉄の爪』(13)で香港電影金像奨音楽賞ノミネート。他にハリウッド作品『ゴースト・イン・ザ・シェル』(17)エンディング曲など。


『イップ・マン 継承』
監督:ウィルソン・イップ
アクション監督:ユエン・ウーピン
音楽:川井憲次
出演:ドニー・イェン、マックス・チャン、リン・ホン、パトリック・タム、マイク・タイソン(特別出演)
4月22日より新宿武蔵野館ほかにて全国公開。
http://gaga.ne.jp/ipman3/

TOPICS

RECOMMENDED

TREND