鈴木慶一が語る、日本語ロックの源流"はちみつぱい"45年越しの真実

By Joe Yokomizo
鈴木慶一が語る、日本語ロックの源流"はちみつぱい"45年越しの真実(C)桑本正士

―でも、あがたさんと一緒にやったことで、何かが動き出すのでは?

むしろ、このあがたとやったアルバムをはちみつぱいの2枚目としてもいい。そのくらい密接なる関係でレコーディングしているから。超ハイスピードでね。1日3曲とか録ってるんだよ。しかも、Pro Toolsじゃなくてアナログで録っているから間違えるとあとで大変だ。

―すごい緊張感でしょうね。

相手の音を聴いて、こう来たらこうするジャム・セッションから始まる。それはそれですごく面白かったよ。出来上がりを期待していてください。ただし、『センチメンタル通り』の音ではなく、去年ライヴをやった結果の音になっていると思う。

―そういえば、去年フジロックではちみつぱいのライヴを観た時に思ったのが、『センチメンタル通り』で聴くとかなりスワンプ・ロックなイメージだけど、フジロックではプロコル・ハルムばりのアシッド・フォークなイメージだったんです。

プロコル・ハルムがアシッド・フォークとは全く思わないけど『センチメンタル通り』の頃はアメリカンミュージックばかり聴いていたからね。でも、当然今はもっと沢山の音楽を聴いているわけで。簡単にフジロックと『センチメンタル通り』の録音の違いについて言えば、まずフジロックの方が自由にやっていたということ。それは去年色んなライヴがあったけど、そのたびに毎回違っていてもいいだろうと。あとは、やっぱり途中で抜けた渡辺勝がいるのが大きいんだよ。彼は本当に初期の段階で抜けたので、勝の存在感をちゃんと確認しないうちだったんだよね。で、今ものすごい存在感を放っているから面白い。その2つの違いによってアシッド感が当時よりも増しているのかもしれないね。

―デラックスエディションとあがたさんとの新作を聴き比べると面白そうですね。

それが45年の年月だと思うよ。45年経って、人間だから変わらないこともあるし変わることもある。それが今度のあがたくんとのアルバムにはそのまま出てるんではないでしょうか。そして、それが素敵だなと聞いてもらえればいいなと思います。

Now On Sale
『センチメンタル通り[Deluxe Edition]』
KICS-93469~70 ¥10,000(税抜)
[DISC-1]
『センチメンタル通り』Remastered UHQCD  KICS-93469
1.塀の上で(作詞・作曲:鈴木慶一)
2.土手の向こうに(作詞・作曲:鈴木慶一)
3.僕の倖せ(作詞・編曲:渡辺 勝 作曲:松本圭司)
4.薬屋さん(作詞・作曲:鈴木慶一)
5.釣り糸(作詞・作曲:かしぶち哲郎)
6.ヒッチハイク(作曲:本多信介)
7.月夜のドライブ (作詞:山本浩美 補作詞:鈴木慶一 作曲:山本浩美 補作曲:鈴木博文)
8.センチメンタル通り(作詞・作曲:鈴木慶一)
9.夜は静か 通り静か(作詞・作曲:渡辺 勝)
<ボーナス・トラック>
10.ぼくの倖せ(かしぶち哲郎ヴォーカル・ヴァージョン)
(作詞・編曲:渡辺 勝 作曲:松本圭司)
11.君と旅行鞄(トランク)(作詞:鈴木慶一、渡辺 勝 作曲:松本圭司 編曲:はちみつぱい)
12.酔いどれダンス・ミュージック(作詞・作曲:鈴木慶一 編曲:はちみつぱい)
 
はちみつぱい(レコーディング時):
鈴木慶一(Vo, G, Pf)渡辺 勝(Vo, Key, G)本多信介(G)武川雅寛(Vn)和田博巳(B)かしぶち哲郎(Ds)
(オリジナル:OFL-16/73.10.25/ベルウッド・レコード)
 
[DISC -2]
『センチメンタル通り SESSIONS』Remastered UHQCD KICS-93470
未発表音源リハーサル@1973年新宿ヤマハスタジオ
1.僕の倖せ (作詞:渡辺 勝 作曲:松本圭司)
2.ビンボー・ダンス (作曲:鈴木慶一)
3.塀の上で (作詞・作曲:鈴木慶一)
4.煙草路地 (作詞・作曲:山本浩美)
5.土手の向こうに (作詞・作曲:鈴木慶一)
6.薬屋さん (作詞・作曲:鈴木慶一)
7.自由なメロディー (作詞・作曲:かしぶち哲郎)
8.ラブ・ソング (作曲:武川雅寛)※未発表曲
9.月夜のドライヴ (作詞:山本浩美 補作詞:鈴木慶一 作曲:山本浩美 補作曲:鈴木博文)
10.センチメンタル通り (作詞・作曲:鈴木慶一)
11.釣り糸 (作詞・作曲:かしぶち哲郎)
12.春の庭 (作詞・作曲:かしぶち哲郎)
13.ヒッチハイク (作曲:本多信介)
 
[DISC-3]
【DVD-ROM】<192kHz/24bit WAVファイル>SDR-10020
『センチメンタル通り』(全12曲)+ 「君と旅行鞄」「酔いどれダンスミュージック」

 [DISC-4]
【17cmアナログEP】<復刻盤>SSY-10002
A:君と旅行鞄 / B:酔いどれダンスミュージック
(オリジナル:L-1193E/74.6.24/ワーナーパイオニア)
 
[豪華ブックレット(中綴じ別冊本4C/48P)]
メンバーのインタビューを始め、1970年代初頭の東京を中心に、
はちみつぱいの日常風 景を切り取った貴重な写真や資料写真を多数掲載。
 
 
2017.4.26 Release
『べいびぃろん(BABY-LON)』
あがた森魚&はちみつぱい
KICS-3484 ¥3,000(税抜)
1 アポロンの青銅器/作詞・作曲 あがた森魚
2 春一番にいかなくちゃ /作詞・作曲 あがた森魚
3 もおたりぜいしょん/作詞・作曲 あがた森魚
4 大平原/作詞・作曲 あがた森魚
5 虫のわるつ /作詞 あがた森魚、渡辺 勝 作曲 渡辺 勝
6 この夏リバティー/作詞・作曲 あがた森魚
7 森から生まれた獣たちは/作詞・作曲 あがた森魚
8 四月の雪/作詞 あがた森魚 作曲 本多信介
9 クリーニングはエイハブ/作詞・作曲 あがた森魚
10 いつものようにただだまって/作詞・作曲 あがた森魚
11 港の純情/作詞 あがた森魚 作曲 鈴木慶一
12 真夜中を歩く/作詞 あがた森魚 作曲 岡田 徹 
13 べいびぃらんどばびろん/作詞・作曲 あがた森魚  
 
あがた森魚(Vo, G)
はちみつぱい:鈴木慶一(G, Pf), 渡辺 勝(G), 本多信介(G),  武川雅寛(Vn),
和田博巳(B), 岡田 徹(Pf, Key), 駒沢裕城(Pedal S. G), 夏秋文尚(Dr)
編曲:あがた森魚&はちみつぱい
プロデューサー:三浦光紀
 

KEIICHI SUZUKI
鈴木慶一 1951年、東京都生まれ。ミュージシャン。1970年頃より様々なセッションに参加し、1972年に“はちみつぱい” を結成。バンドとして、またソロとしても数々のステージやレコーディングをこなす。"はちみつぱい"は1974年にアルバム『センチメンタル通り』を発表し解散、翌1975年に "ムーンライダーズ"を結成。1976年にアルバム『火の玉ボーイ』でデビューし、2016年で40周年を迎えた。2017年2月、古巣ベルウッド・レコード45周年を記念して、はちみつぱい『センチメンタル通り[Deluxe Edition]』を発表。4月26日にはあがた森魚&はちみつぱい名義で新作アルバム『べいびぃろん(BABY-LON)』をリリースする。
http://www.keiichisuzuki.com/

TOPICS

RECOMMENDED

TREND