ヴァン・モリソンのソロ時代、初のオフィシャル・コレクションのリリースが決定

By RollingStone Japan 編集部
ヴァン・モリソンとして初のソロ時代のオフィシャル・コレクションのリリースが決定
ヴァン・モリソンが、ソロ契約をしたバング・レコード時代の音源の纏めた初のオフィシャル・コレクションのリリースが決定した。
 
ヴァン・モリソンが1967年、ゼム脱退後、ソロ契約をしたバング・レコード時代の音源を纏めた初のオフィシャル・コレクション『オーソライズド・バング・コレクション』(3枚組CD)が2017年4月28日(国内盤は2017年5月24日)にリリースされることが決定した。

短い在籍期間ながらも驚異的な作品群を生み出したバング・レコード時代の音源を年代順に収録した総括的なアンソロジーで、未発表音源、レア音源も多数収録されている。画期的なヒットを連発したこのレーベルの創設者は、伝説のアメリカ人プロデューサー/ソングライター、バート・バーンズ。彼が作曲者としてクレジットされている曲には『ツイスト&シャウト』、『クライ・トゥ・ミー』、『心のカケラ (Piece Of My Heart)』、『エヴリバディ・ニーズ・サムバディ (Everybody Needs Somebody To Love)』、そして1965年にゼムが全英2位を獲得した出世曲『ヒア・カムズ・ザ・ナイト』などがある。

 


オーソライズド・バング・コレクション(The Authorized Bang Collection)
ヴァン・モリソン(Van Morrison)
日本盤発売予定日:2017年5月24日(3CD)
輸入盤発売予定日:2017年4月28日(3CD)
※日本盤は英文ライナー・ノーツ(ヴァン・モリソン、バート・バーンズ、アンドリュー・サンドヴァル)翻訳、日本盤書下ろし解説、歌詞・対訳付き
 

TOPICS

RECOMMENDED

TREND