ディラン、新作を語る:ビル・フラナガンとインタヴュー全文訳公開

By RollingStone Japan 編集部
ディラン研究の第一人者で評論家のビル・フラナガンとのロング・インタヴューを公開したボブ・ディラン
最新作『トリプリケート』を3月31日全世界同時発売するボブ・ディランが、ディラン研究の第一人者で評論家のビル・フラナガンとのロング・インタヴューを公開した。

ノーベル文学賞を受賞後の最新作『トリプリケート』を3月31日全世界同時発売するボブ・ディラン。ディラン研究の第一人者で評論家のビル・フラナガンによるインタビューの一問一答、全文を完全翻訳したものが、ボブ・ディラン日本公式HPに公開された。

最新作『トリプリケート』収録曲の話を縦軸にしながら、制作秘話のみならず、カヴァー曲の背景、シナトラとの関係、故郷のミネソタでの事、最近気に入っているCDなどを実に雄弁に多岐に渡って語っており、近年、インタヴューをほとんど受けないというディランが、これほどまでに語ったものは非常に珍しく、歴史的にも貴重な内容といえる。

新作『トリプリケート』は、3枚の各ディスクにそれぞれ10曲収録し、それぞれが32分という長さになっているが、あえてこだわってそうしたのか?という質問に対しては「もちろんだ。完成を意味する数字だ。ラッキーナンバー、光を象徴する数字」と意味深なコメントを語っている。

インタヴューの抜粋は以下。

アメリカン・スタンダードを歌う事で教えられた事を以下の様に語る。
「自分なりに曲が意味することを少しはわかっているつもりだった。だが、そこに込められた人生の本質や人間の有りようがこれほどだったとは気づいていなかった。歌詞とメロディがこれほど完璧なまでに絡み合い、今の時代にも意味を持ち、非物質的なことを歌っているか、気づかされたよ。」

新作『トリプリケート』はディスク毎にタイトルが付けられており、それに対しては次のように。
「テーマは最初に決めた。演劇的な感覚で、まずは大きなテーマがあり、それぞれが生存者や愛人、英知とか復讐、追放といったことに付随する。ディスクは1枚ごとが次に来る1枚の前触れ。ただしディスク内ではどの1曲も優位に立つことはない。昔の女房の話や思い出話ではなく、もっと堅実な世間の暮らしとそこに隠された現実だ、と認識してるよ」

RECOMMENDED

TREND