エマ・ワトソン主演『美女と野獣』主題歌PV解禁

By RollingStone Japan 編集部
(C) 2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
ディズニーが贈る、エマ・ワトソン主演の『美女と野獣』が主要地域で公開され、記録的数字を獲得。アリアナ・グランデ&ジョン・レジェンドが歌う主題歌テーマ曲のPVが解禁された。

「ハリー・ポッター」シリーズでハーマイオニーを演じたエマ・ワトソンを主演に迎え、不朽のディズニー・アニメーション『美女と野獣』をディズニー自身による実写映画化により話題沸騰の本作。3月17日(金)、全米4210スクリーンで公開され、オープニング3日間1億7千万ドルという、3月公開作品の記録を更新した。また、主要44の国と地域で公開され、中国:4千480万ドル(50億17600万円)、UK:2千280万ドル(25億5360万円)<※1>という数字を獲得し、全世界ではすでに3億5千万ドルを達成した『美女と野獣』。これらの記録は、ディズニー・アニメーションの名作を実写化した『マレフィセント』や『シンデレラ』、を超える数字となった。

アニメーション史上初めてアカデミー賞作品賞にノミネートされた、主題歌『美女と野獣』は、アカデミー賞だけでなく、ゴールデン・グローブ賞、グラミー賞を受賞。多くの人々に愛され続けてきた名作だけに、実写化への不安を唱える声もあったが、『シカゴ』『ドリーム・ガールズ』を手がけたビル・コンドン監督は、アニメーションの世界観を壊すことなく、今を生きる人々の心に響く新たな名作を誕生させたと絶賛の声が上がっている。
<※1>BOX OFFICE MOJO調べ

公開を心待ちにしていた人々が注目していたのが、エマ・ワトソンがベルをどう演じるのか。自分らしく生きる心優しい女性である主人公・ベルを、教養があり独立心もあり、"ハーマイオニー"として世界中の女性たちから愛されてきたエマがどう演じるのか。
素晴らしい歌声でアラン・メンケンの名曲を歌い上げ、女性の憧れである黄色のドレスを身にまとい、ボール・ルームで野獣と心通わせ、華麗なダンスを披露するエマ・ワトソンは、まさに誰もが待ち望んでいたベルそのものと称賛を浴びている。そして、『ハリー・ポッター』シリーズのオープニング記録を抜き、エマ・ワトソン主演作品史上NO.1を獲得した。<※2>
<※2>BOX OFFICE MOJO調べ

また、アラン・メンケン作曲、ハワード・アシュマン作詞による美しい主題歌を歌うのは、アリアナ・グランデとジョン・レジェンド。iTunesのアルバムランキングで『美女と野獣』オリジナル・サウンドトラック(英語版)が第2位に入るなど、日本でも話題沸騰だ。そんな二人の歌に合わせた、最新のPVが公開された。公開前に、是非チェックしてみたい。




『美女と野獣』
監督:ビル・コンドン
出演:エマ・ワトソン/ダン・スティーブンス/ルーク・エバンス/ケビン・クライン/ジョシュ・ギャッド
2017年4月21日(金)全国ロードショー

RECOMMENDED

TREND