「明日を生きる理由のひとつになれば」:1人、1頭、1匹、1羽のバンド・豚乙女インタヴュー

By RollingStone Japan 編集部
1人、1頭、1匹、1羽からなるバンド、豚乙女

―ランコさんの方は、歌うにあたって心がけていることなどはありますか?

ランコ:コンプさんが作る曲はメロディに歌詞がマッチしているので、すごく歌いやすいんです。私の場合、歌に対してあまり自分の思いを込めすぎると逆にしっくりとこない気がするので、曲そのものが生きるように、世界観を大事に歌うようにしています。

―タイトル曲『フルボッコ』はMVもありますが、撮影はどうでした?

コンプ:すごくスムーズでした。2月頭、学校でのロケだったんですけど、ランコのヘアメイクをしてくださっている方が以前学校で撮った時、とても寒くて凍えそうだったという話をされていたので、僕らもドキドキしてベンチコートを買ったりして現場に行ってみたら、逆に暑いくらいで。

ランコ:(笑)スタッフの方がすごく暖かくしてくださっていたんです。私も携帯カイロをたくさん貼ってたんですが、現場に着いてすぐにはがしました。

コンプ:このMVで豚乙女を初めて観る方もいると思うので、演奏シーンは実際のライヴでもあんな感じだというのをお伝えしておきたいと思います。ランコの姉はMVだからではなく、いつもああなんです。

―(笑)ちょうど話が出たところで、ライヴについても少し。みなさんは結成当初からライヴをされていますが、その楽しさってなんですか?

コンプ:やっぱりエネルギーのやりとりですね。ライヴの時の、僕らと観に来てくださった方たちとのエネルギーの交流はなにものにもかえられないというか。それが僕らの原動力になっています。

ランコ:ライヴでは"生きてる"という実感が得られるのが楽しいし、私自身もそのために生きてるような気がします。

―ライヴに関して、初期と現在を比べると変化したことってありますか?

コンプ:最初は僕らなりのフォーマットがまだできあがってなかったので、余裕がなかったんですが、全国ツアーをしたり、大きなライヴハウスで演奏したりするうち、少しずつ会場のみなさんとの交流もしやすくなって。あと、こちらが全身全霊でいかないと、みなさんも物足りないと感じるだろうなとも思うようになって、鍛えるようになりました。

―鍛えるというのは・・・体を?

コンプ:体です(笑)。他にも、ランコは人間ですけど、僕らは動物なので、ライヴでは尋常じゃない汗をかくし、呼吸もかなり苦しくなるんですね。で、登山用のサプリメントやお味噌汁を飲んだりするようになりました。
Text by Shinjiro Fujita (RSJ)

TOPICS

RECOMMENDED