the pillows山中さわおが語る、新作『NOOK IN THE BRAIN』制作の背景

By Yuko Sakuma
the pillows / 山中さわお(Vo. & Gt)、真鍋吉明(Gt)、佐藤シンイチロウ(Dr.)
オルタナティヴ・ロックの要素を盛り込んだニューアルバム『NOOK IN THE BRAIN』が完成したthe pillows。

昨年のツアー中に作ったという収録曲には、ソングライティングを手掛けた山中さわおのこだわりが詰まった内容になっている。

-NOOKという単語の意味がわからなくて調べたんですが、『NOOK IN THE BRAIN』で"脳の隅っこ"みたいな意味なんですね。このタイトルに決めた理由を教えて下さい。

『NOOK IN THE BRAIN』の収録曲は前回のツアー中に作っていて、いろんな街のホテルで書いていたんです。僕はいまだに曲を作ることが好きなので、たくさん曲を作ります。そのときは無作為に作っていて、曲として全体をまとめるようなつもりもなく、極論を言えばピロウズのアルバムを作ろうというわけでもなくて。〆切りがあるわけでも、時間に追われているわけでもないので、ツアー中にとにかくたくさん曲を作りました。その時の自分がどういう傾向にあるかとか、分析する必要もないので、好きなように書いていくんです。その後、気に入ったものやこれは大事な曲になるなって何となく感じるものを選別して、ほんの少しだけ傾向やテーマは何だろうと、俯瞰から見て考えるんですね。それで今回は『王様になれ』、『パーフェクト・アイディア』、『ジェラニエ』などが、歌詞でいえば核になるテーマだなと思ったんです。

-そうして見えたテーマとは?

『王様になれ』が一番わかりやすいんですけど、自分を楽しくする方法を考えると、年齢や環境、状況によっていろいろなパターンがあると思うんですが、僕の年齢になると、本人の自力の努力では解決できないことが出て来るんですよね。例えば、時間は必ず経過して、生き物は必ず年を取って死んでいく。それは自分が努力をしても抗えることではない。僕はそんな自力でどうこうできないことで憂鬱に取り憑かれているのは、時間がとてももったいないと思ったんです。だから自力で解決できないことに関してのみ、現実逃避をしたほうがいいと思いました。そして、そんな時に自分を支配しているであろう脳みその隅っこには、まだ一度も開いたことがない引きだしみたいなものがいくつかあって、その中には、自分をハッピーにしてくれるアイデアがあるんではないか--そんな希望と哲学みたいなものを基本に、今回はたくさんの歌詞を書いたんだなと気がつきました。


-『王様になれ』の歌詞は、確かに『NOOK IN THE BRAIN』という歌詞と共通する部分があるなと思いました。

だから最初は『王様になれ』ってタイトルのアルバムにしようと思ったんです。でも配信シングルとして先にリリースされることになったので、シングルとアルバムタイトルが一緒なのは気持ちが悪い。それじゃあ『パーフェクト・アイディア』にしようと思ったんですが、パーフェクトもアイディアもキャッチー過ぎて、弱いというか、フックが足りないというか。だったら何かタイトルを考えようと思って、テーマも考慮しながら、いろんな言葉を探しました。でも僕の場合は意味よりも発音や綴りの個人的フィット感が重要なんです。NOOKという言葉は僕も知らなかったんですが、NOOKと言っただけで口が気持ち良いなって思ったし、発音も可愛い。そしてNOOKの見た目も好きだったので、この単語を使いたいなと思いました。

-ツアー中に作った楽曲が多く収録されているということですが、ツアーでホテルにいると自然と曲を作ろうと思うんでしょうか?

あまりにもそういう生活が長いので、自分はそういう人間だと思い込んでいるところがあります。もっと言えば"ツアー中に曲を書くキャラクターだよね、オレって"みたいな。

-自己暗示みたいな(笑)。そんな日々の中には、「今日は曲が出て来ない!」っていう日もあったりしますか?

もちろん出て来ない日のほうが多いです。ツアーが3カ月あって、10曲ということはほとんど出て来てないということなので。〆切りがないので、曲が出て来ないことに関しては何とも思わないですね。言っても飲みに行ってる日のほうが多いですから(笑)。

-飲みに行っても頭の中では曲のことを考えていたりするのでは(笑)。

作りかけがあるときは必ず考えてます。映画を観ていてもマンガやテレビを観ていても、絶対に考えてる。僕は音楽のスイッチが完全にオフになるのは、多分エロのときだけなので(笑)。逆を言えばエロ以外は絶対に考えています。

TOPICS

RECOMMENDED

TREND