SuG武瑠が語った、紆余曲折の10年間と日本武道館への想い

By RollingStone Japan 編集部
2017年に10周年を迎え、9月2日に日本武道館公演が決定しているSuG。
2017年に10周年を迎えるSuGのベスト・アルバム『MIXTAPE』を改めて聴くと、時系列順ではないものの、音楽性の変遷を感じる興味深い内容となっている。

その変化について武瑠(Vo.)に聞くと、始めた当初はヴィジュアル系に無知で、シーンの中でかなり試行錯誤したという。図らずともなってしまったヴィジュアル界の異端児は、この10年をどう生き抜いてきたのか。9月2日の日本武道館公演に向けた想いとともに、紆余曲折のデビュー当時〜現在までを語ってくれた。


-SuGは今年10周年を迎えるということで。10年間って長かったですか? それとも短かった?

短いというか、早かったですね。特にメジャーデビューしてからは1年でフルアルバム1枚とシングル3枚と本2冊出していたので。

-すごいですね。いつの間に本を執筆する時間が。

昔の自分を自分で尊敬してるくらいです(笑)。1月にメジャーデビューしたんですけど、休みが1年間まったくなかったんですよ。それが、年末にやっと空いて、その日から小説を書き始めたという。すごいメンタル持ってたなあの時と思って(笑)。だから、今でもたまにへこたれたりすると"あの時何十日も連続で働いた後に書き始めたんだぞ"って思うようにしています。

-バイタリティありますね。それ以外に服のブランドを立ち上げたりとかもしていたじゃないですか。

そうだ。忘れてたけどそうですよ。コレクションの発表に向けてデザインもつねにやっていましたし、他にもニューヨークに短期留学したり、短編映画を撮ったり……いろいろなことをしましたね。

-表現することが好きなんだろうと思うのですが、それにしても何でそこまで・・・と思ってしまいます。

私生活のすべてを捨てて、表現欲だけで生きていた感じです。一度SuGが活動休止して、その後の3年間はサポート面にまわるというか"SuGが動いていくためのお母さんになろう"と思って、それまでが攻めだったとしたら守りの体勢になっていったんですけど。そういう変化はありつつも駆け足の10年でした。

-武瑠さん個人の活動についても興味があるのですが、その辺は別の機会に伺うとして。今回リリースされるベストアルバム『MIXTAPE』を聴かせていただいたのですが、曲順は時系列順ではないとはいえ、こうやって並べるとある時から音楽的な変化があったということを感じますね。

SuGにとって1個の到達点が『sweeToxic』という曲だったのですが、そこに至るまでは試行錯誤と失敗と実験の繰り返しでした。例えば、初期の頃の曲はブレイク・ビーツとかファンク、ヒップホップっぽいノリが入っていたりしているんですよ。『LOVE SCREAM PARTY』って曲がそうなんですけど。

-ブラックミュージックが好きとか?

俺とyujiが特に好きですね。"SuG"っていう名前もブラック・カルチャーの言葉からとってきているし。で、それをヴィジュアル系でやったら面白いかなと思ったんです。でも、やってみるとなかなか自分たちなりのジャンルというのが見つけられなくて、いろいろ模索しながらちょっとロックに寄ってみたりパンクっぽくなったり、そういう変遷がありました。

-いろいろやってたんですね。

そうですね。BOOM BOOM SATELLITESとかスーパーカーとかに影響されて作ったような曲もありますし。ただ、今でも覚えてるんですけどインディーの時にリキッドのワンマンで1曲目にそういう曲を持っていったんですよ。お客さんが縦ノリする姿を想像していたんですけど、誰一人ノッてなかったという。他にもいろんな音楽にチャレンジしましたけど、ことごとく全部敗れて(笑)。だいぶ叩きのめされました。かといって、自分たちが本当にやりたいことが潰されてしまうのも悔しかったので、じゃあどうやったら取り入れられるのかということを考えるようになりましたね。そのなかでマイナー調のコードにダンスミュージックが混ざるスタイルがだんだん出来上がってきて、ちょっとずつお客さんにも受け入れてもらえるようになってきたという感じで。結構極端なことをする時は、言葉遣いとかデザインで工夫したりしていました。例えばすげーファンクな感じでついて来れないだろうなという時は異常にガーリーなものをぶつけたりして、視覚的に女の子が惹かれるようなものにしたりとか。
Interview by Rika Suzuki (RSJ)

TOPICS

RECOMMENDED

TREND