俳優 廣瀬智紀が風変わりな探偵を演じる、映画『探偵は、今夜も憂鬱な夢を見る。』

By RollingStone Japan 編集部
(C)2017「探偵」製作委員会

【相棒・藍彰二という男】
-相棒の<藍彰二>役・青木玄徳さんとは今回初共演ですか?

そうです。まったく初対面でした。

-そうだったんですね。役どころ的に、精神的な距離が近い存在じゃないですか。どのようにしてコミュニケーションをとっていきましたか?

最初、青木くんの性格とかも分からなかったので、クールな感じの人なのかなとか想像していたんですけど、全然そんなこともなくて。なんか男も憧れる男くささがある人だなと。それに、役の彰二と一緒ですごく素直なんです。なんかすぐ信じちゃいそうな感じ。でも、思ったことをちゃんと口に出すし、芝居にすごく熱くなれる人で。共演する方へのリスペクトする心もちゃんと持ち合わせていて、すごく礼儀正しい人でした。しかも、"廣瀬さん"って呼ばれるんですけど、僕の中でその呼び方は新しくてちょっと気に入ってます(笑)。

-なんだか微笑ましいですね(笑)。

"廣瀬さんが(玲二を)演じてると、ただの二枚目じゃない感じがして面白いな"って、僕の役のことを褒めてくれた時があって。自分としてもそういう気持ちで演じていたのですごく嬉しかったですし、僕自身も青木くんが演じている彰二に関して何も不満がなかったので、初共演だけどお互いにリスペクトし合える関係性でできたというのはよかったな、と。

null

-初共演とは思えないほど息が合っていたように思いました。

もともと、ここはこうしようっていう幼馴染2人の具体的な設定の話は監督を含めて本読みの段階でしていたんですけど、それ以外ではお芝居の中で会話しているというか。本番撮る前にテストとかやるじゃないですか。そういう中でのやりとりから分かる部分もありましたし。

-向こうがどうしたいかとか?

そうですね。相手の考え方や出方を読み取れる、そういう瞬間って嫌いじゃなくて。演じる上でのキャラクター設定というのはお互いの中で理解できていましたし、あとは相棒としてどう向き合っていけばいいのかというところで、結構シンクロしていたのかなと。だから、自分もすごく身を委ねるというか任せることができましたし、青木くんもそれに対して返してきてくれて。あうんの呼吸で演れていたと思います。

Interview by Rika Suzuki (RSJ)

TOPICS

RECOMMENDED