映画『暗黒女子』清野菜名インタヴュー:「学生は久し振りで大丈夫かなって(笑)」

By RollingStone Japan 編集部 2017/03月号 P111〜111 |
(C)2017「暗黒女子」製作委員会 (C)秋吉理香子/双葉社

―ちなみに舞台である聖母マリア女子高等学院は、裕福な家庭に育つ生徒のための学校ということで、挨拶も"ごきげんよう"。なんと古式ゆかしいお嬢様学校・・・と思いきや、今も実際にそうやって挨拶している学校があるみたいですね。

私にとっては、実はけっこう身近な世界でもあるんです。通っていた高校が男子が少ない学校で、挨拶も"ごきげんよう"と言う決まりで。とはいえみんな、あまり言ってませんでしたけど(笑)。

―(笑)志夜は、大人しめなサークルのメンバーの中で、ひとり明るく元気なキャラクターです。

役としてテンションが高いので、それが際立つように心がけました。この映画を撮影している時、ちょうど別の作品にも携わっていたんですが、その脚本家の方に、役作りの一環として年号を書き出していくやり方を教えていただいたんです。何年に生まれて、小学校は何年でこう、中学校は何年でこう・・・という感じなんですけど、おかげで志夜役に対してけっこう想像を膨らませることができて。ちょっとした身振りや手振りなんかも含め、志夜だったらどうするかがイメージしやすくなって、すごく役立ちました。


(C)2017「暗黒女子」製作委員会 (C)秋吉理香子/双葉社

―映画の中では個人的に、メンバーが本当の気持ちを爆発させる屋上シーンが印象的でした。

当日は台風が迫っている中、強風に吹かれながらの演技だったので、それがかえって良かったのかもしれませんね。あの場面は、クランクインする前からずっとリハーサルを繰り返していたところなので、撮影はけっこうスムーズにいった感じでした。
Text by Shinjiro Fujita (RSJ)

TOPICS

RECOMMENDED

TREND