神木隆之介&藤原さくらー実写版映画『3月のライオン』に原作ファンの2人が挑む

By Keiichiro Oshima 2017/03月号 P58〜61 |
神木隆之介(写真右)と藤原さくら(写真左) Photograph by Takeaki Hanaya

―今回は前編と後編で主題歌が違うんですよね。ここら辺にも前後編ということに対するこだわりがあるんでしょうか?

神木:しかも同じアーティストではないですもんね。映画『るろうに剣心』シリーズは、曲調は違いますが、全部ONE OK ROCKですから。でも、そこがまたこの前後編のよさだと思うんです。前編のエンディングで、ぼくのりりっくのぼうよみさんの曲がかかると、"さあエンディングだぞ、これから何が始まるんだろう"という雰囲気になります。先程、色の話をしましたが、僕は前編と後編でも色が違うなと思っています。前編は何かを背負ったものたちが盤上で向かい合う姿を描いた戦いの映画。後編はまったく違う愛情の物語で、温かい味噌汁を飲んだような気持ちになれる映画。しかし連続して観ると、同じ作品でつながっている。その色の違いが主題歌にも表れていて、面白いと思いました。

藤原:ぼくのりりっくのぼうよみさんの曲は、"どうなるんだろう"ってわくわくさせられる感じですよね。あの前編を観たら、きっと後編が観たくなると思いますね。

―神木さんご自身は、今回の映画で特にこだわった点はあったのでしょうか?

神木:そうですね。これは意識の問題になってしまうのですが、僕は桐山の目の輝きにこだわりました。最初は何も見えないような目がいい。でも、終わりが近づくにつれて、どんどん希望を持ちはじめて、それで最後は、ちゃんと輝いていたいな、と思いました。一番最初と最後を見比べてみると、"やっぱり変わってる"と感じていただけるようにしないといけないと思っていて。これは前後編通して、自分では一番やりたかったことでした。


(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会

―完成した映画をご覧になられてその辺はうまくいっていましたか?

神木:前編の桐山 零の目の輝き方と、後編の一番最後の目の輝き方がきちんと違って見えたんです。"ちゃんと桐山 零として生きられた証だな"と、うれしくなりました。すごく納得がいっています。この映画は、前編と後編を通じて"自分が今いる場所"を、あらためて確認できる作品だと思うんです。自分の周りにいる人たちとか、ここにいられる状況とか、そういうことの大切さが実感できる映画だと思います。

藤原:私も前編と後編を観て感じたのは、神木さんと同じで『3月のライオン』は前後編でひとつの作品だってことなんですね。だから、どちらも観ていただきたい。あと、そういう作品の主題歌を歌えて、しかも最後を締めくくれたのは、本当にありがたいしうれしかったです。

TOPICS

RECOMMENDED