神木隆之介&藤原さくらー実写版映画『3月のライオン』に原作ファンの2人が挑む

By Keiichiro Oshima 2017/03月号 P58〜61 |
神木隆之介(写真右)と藤原さくら(写真左) Photograph by Takeaki Hanaya

―撮影の初めの頃に、何度も撮り直したシーンがあったと聞きましたが?

神木:歩いているシーンを何度も撮りました。撮影が始まってすぐ、監督と"とりあえずやってみよう"という感じで、20回ぐらい撮りました。後半は、自分でもどんな表情をしているのかわからなくなっていました。毎回、タイミングや表情を全部変えて、結局どのテイクを使われたのかもわからないです。

―そこで桐山 零を見つけられたって感じはあったんですか?

神木:なかったです(笑)。"これで桐山 零という人物をつかんだ"という感覚はつかめなかったかもしれないです。対局シーンは想像できました。姿勢とか座りかた、あとは対局室に入ってきた時に桐山だったらまずどうするだろうとか。日常のシーンは本当にいろいろな表情があって。それぞれの距離感で対応していけばいいのかと思い、演じました。川本家の人々に対しては"隣にいさせてくれるけど、絶対にこの輪の中には入れないだろうな"という距離感。棋士ひとりひとりに対してとか、香子に対してとか、相手との距離感をその都度、変えて演じました。それが人間なんだろうなと思って、自由に演じさせていただきました。


(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会

―藤原さんは映画を観てどう思われました?

藤原:ヴィジュアルから何から、全部神木さんはぴったりで、"桐山 零だ!"って思いました(笑)。ドラマの部分はもちろんなんですけど、将棋を指すシーンも素晴らしかったですね。静かなシーンでも迫力があるんです。将棋を指したことのない私でも対局シーンは食い入るように見てしまいました。それに、みんなマンガのキャラクターというより、本当にその人たち、ひとりひとりの人間を見ているような気持ちになるんです。原作のマンガが好きだと、実写の映画でイメージが違うなあと思うこともあると思うんですけど、『3月のライオン』はみなさん、はまり役で、全然違和感がありませんでした。

―対局シーンでは各棋士の個性が強く出ていましたが、演技は監督の指示があったんでしょうか?

神木:いえ、役者それぞれで考えています。僕も対局シーンを観ていて思ったのですが、みんな色が全然違うんです。本人も色が違うし、そんな人たちがぶつかる対局にも色があって、それも違う。幸田(豊川悦司)と宗谷(加瀬 亮)が向き合った時と、後藤(伊藤英明)と桐山が向き合った時の違いも観ていてわかるので、面白いなと思いました。

RECOMMENDED

TREND