『お嬢さん』のパク・チャヌク監督が選ぶ『私の好きな日本映画』

By Yasuo Murao
(C)2016 CJ E&M CORPORATION, MOHO FILM, YONG FILM ALL RIGHTS RESERVED
『JSA』『オールド・ボーイ』『渇き』と国内外で高く評価される作品を生み出してきたパク・チャヌク監督。そんなパク監督、実は日本の映画にも精通している。サラ・ウォーターズの名作『荊の城』を映画化した新作『お嬢さん』では、登場人物の名前を"秀子"に日本名に変更した監督。その理由は、監督が往年の名女優・高峰秀子を敬愛してやまないためだった。

パク・チャヌク監督が選ぶ『私の好きな日本映画』

『乱れる』1964年
私が一番好きな日本映画ですね。私は主演の高峰秀子さんが大好きなんです。彼女は、あの時代にしては驚くほど自立した女性の魅力を感じさせます。それでいて、どんな階級の役を演じても、優雅で気品があります。この映画では、かなり感情のトーンを抑えた演技をしています。でも、成瀬(巳喜男)監督とカメラマンの正確なアングルと編集に助けられて、抑えた表情でありながら100通りぐらいの感情を適切に表現している。正直、私もあんな兄嫁がいたらいいな、と思います(笑)。

『放浪記』1962年
また、高峰さんの出て来る作品ですがファンなので許してください(笑)。高峰秀子さんの魅力が満喫できる、彼女の演技のプレゼントをもらえる作品だと思います。『乱れる』が抑えた演技の最高峰だとすると、こちらは惜しげなくたくさんの表情を見せてくれて、大きな動きも見せてくれます。彼女が演じるヒロインは、社会のなかで男性達から蔑視されていますが、いつもそれを笑い飛ばしています。そんな主体性のあるヒロインを、高峰さんはとても美しく演じてみせてくれています。ちなみに本作の主人公"秀子"の名は、高峰秀子さんからいただきました。

TOPICS

RECOMMENDED

TREND