桐谷健太が選ぶ"自分の人生に影響を与えたアーティスト&曲"

By Mio Shinozaki
(C)2017「彼らが本気で編むときは、」製作委員会
俳優と並行して、ミュージシャンとしても活動している桐谷健太。有名なものと言えば、2016年の大ヒット曲となった『海の声』だろう。他にもアルバム『香音-KANON-』をリリースしたり、劇中歌に参加していたりと、実は音楽の近くにいる人なのだ。そんな彼に、時代別"自分の人生に影響を与えたアーティスト&曲"を挙げてもらった。

桐谷健太が選ぶ"自分の人生に影響を与えたアーティスト&曲

幼少期:モーツァルト
子供の頃、オカンが寝る前にモーツァルトか喜多郎をいつもかけてくれたんです。それを聴きながら眠りについていたので、"気持ちいいなぁ"と思っていました。当時の音源はレコードかカセットでしたね。

小学時代:『交響組曲「ドラゴンクエストⅢ」そして伝説へ・・・』
初めて自分の物として手に入れたカセットテープが、すぎやまこういちさんの『交響組曲「ドラゴンクエストⅢ」そして伝説へ・・・』。ドラクエⅢも当然やっていましたが、曲がめっちゃかっこいいんですよ。まだそんなにCDが世に出ていない時期で、レコードショップに行ってオカンからテープを買ってもらいました。なんでオーケストラバージョンを買ったんだろう・・・、確かそれしか店になかったような記憶があります。

TOPICS

RECOMMENDED

TREND