藤井尚之が選ぶ"自分に影響を与えたミュージシャン"

By Mayuko Kumagai
インストゥルメンタルアルバム『foot of the Tower』をリリースした藤井尚之
インストゥルメンタルアルバム『foot of the Tower』をリリースした藤井尚之。デビューから34年、サックスプレイヤーとして活躍を続けてきた藤井が選ぶ、"自分に影響を与えたミュージシャン"。

藤井尚之が選ぶ"自分に影響を与えたミュージシャン"


キング・カーティス
ジョン・コルトレーンをはじめ、サックス奏者にはさまざまなビッグアーティストがいますが、その中では最も影響を受けたひとりです。カヴァーもしましたし、自分がサックスを始めるきっかけになった人でもあります。演奏スタイルというか、一発目の音を聴いただけで、彼だとわかる。そういう人ってなかなかいないと思います。

カウント・ベイシー
人柄とか曲とか楽団のあり方も非常に好きです。彼の音楽は決して自分ができる音じゃないというか、宇宙人がやっているくらいの(笑)、ものすごい音楽だと思っていました。親戚に音響設備も整えている家があったんですが、そこのお兄ちゃんの影響があって小さい頃からジャズを聴かされていたんですね。針を落として、でっかい音で聴く。やっぱりレコードじゃないとあの空気は感じられない。子どもの時にそういう空気や一流の音を感じられていたのは、今思えばありがたい経験でしたね。うちのおふくろはグレン・ミラーが好きだったし。けっこうジャズ好きの家系だったのかもしれません。親戚の家のレコードはもう処分されてしまったと思いますけど、その中からもらったレコードは今も大事に持っています。

RECOMMENDED

TREND