小室哲哉連載|TK Future Lab Vol.3 テレビと音楽の未来

By RollingStone Japan 編集部
Photo by TAWARA
ローリングストーン日本版とギズモード・ジャパンの共同連載企画【TK Future Lab】第三弾となる今回のテーマは、最近AbemaTVなどのインターネットTV番組や音楽配信がさかんになり、すっかり翳りを見せている"テレビと音楽"について。

昨年からAbemaTVで番組を持ち、さらに年末には民放TV番組に数多く出演していたTKに、テレビと音楽という文化の未来についてどう捉えているのか、小誌ライター ジョー横溝と、ギズモード・ジャパン ジェイコウガミ、TKとの鼎談形式で話を聞いた。

ジェイコウガミ(以下 ジェイ):小室さん最近、年末も含めてテレビによく出られていたなという印象があって。

TK:そうですね、オファーがあれば。音楽の話ができる番組は出てもいいなーと思っているので。音楽から脱線しちゃうとね、僕が出てもあんまり意味無いので(笑)。

ジェイ:去年からAbemaTVで番組もやられていて、ミュージシャンの方と対談などされていましたが、テレビの全盛期だった時代と、今のネット動画時代というところの違いや利便性についてクリエーターの方はどのように考えてらっしゃるのでしょうか?

TK:僕の経験からいくと、全てのガジェットでもデバイスでも何でもいいんだけど、新しいテクノロジーの実験にまず使われるのが音楽なんだよね。まず最初にやってみようかってなった時、音って意外と楽なので。データの容量だったりとかね。映像とか画像とかになると、やっぱりどうしても容量が増えちゃうから。ウォークマンからでも、カセットテープからでも、レコードからでもいいですけど、どの時代から切り取っても、結局まず音楽で実験してみて、それが上手くいくとじゃあ画像も平気なんじゃないか、動画も平気なんじゃないかってなる。最初サブスクっていったら音楽の話だったのに、今はサブスクTVというところまできてるからね。それは、単純に(音楽が)使いやすいというのもあるし、最初に新しいテクノロジーに対して意見を言ったり、いろんな抵抗をしたり、約束をしなきゃいけないのはミュージシャンだったりするんですよ。いわゆる権利の問題とか。"え!? そんなに持ってくの?"とか"これはコピーされたらどうなるの?"とか、そういうのはまずミュージシャンやアーティスト、アーティストに関わる人間達が全部法整備してからはじめたりする。時代の先端を行くって言い方をすればカッコイイけど、実は実験台にされてるんだと思う(笑)。だからあんまり"すてきなことです!"とは最近言わなくなった。まぁ、iTunesが来た時ぐらいはすてきなことというか、すげーよやっぱ音楽って先進だなーみたいなことを言ってたと思うんですけど。

ジェイ:最初にMTVが出た頃も、まずはミュージックビデオから入っていって、その後にどんどんカルチャーの要素が入っていきましたからね。

TK:そうだね。でも、今はその順番じゃない気がしますね。ちょっと順番が変わってきちゃった。

ジェイ:それは見る人のニーズがどんどん変化してるっていう?

TK:うん、ニーズが変化してる。(最先端の情報を)すでに持ってる状況から始まっているので。極論を言うと、もう何十年も僕同じ話をしてるんですけど、円を描く時、アナログのコンパスが一番きれいに円を描けるんですよ。今はデジタルで、スパコンとかで円周率を千桁くらいまで割り出して円を描ける時代だけど、実はコンパスの方が簡単に描ける。もうスマホじゃなくて、スマホの次の、まるでアナログのようなデジタルデバイスが出てこない限りは次の時代にはならないです。スパコンがちっちゃくなってくとかいろんな話を聞いても結局コンパスの方が楽じゃん、みたいな。

ジェイ:今テレビの音楽番組のフォーマットをネットでも同じようにやっていたり、一方でFNS歌謡祭みたいなああいう番組がちゃんとあったりとかってというところも、やっぱりまだまだアナログ的な要素が求められているということですかね。

TK:と、思いますよ。アナログの手法をそのまま応用して、デジタルに移行するというか今のソーシャルの時代に当てはめるというのは全然違和感はなくて、みんなが一番やっぱり入りやすいんだと思う。

ジェイ:年末に出演されていたマツコ・デラックスさんの番組、ああいうフォーマットすごくいいなと思ってるんですね。その理由は、あれをテレビで見てる人がネットで反応してくれて、そこにリアクションを返してくれたりとか、ブログを書いてくれたりとかっていう人達がいて、ああいうテレビの中での音楽の立ち位置だったりクリエーターのプレゼンテーションって、僕はまだまだ可能性があるなと思っているんです。完全にネットの中だけで完結しちゃっているネット番組もあるけど、それでは視聴者に届けるという意味で不十分な気がする。

TOPICS

RECOMMENDED

TREND