鬼才ホドロフスキーの最新作『エンドレス・ポエトリー』公開決定

By RollingStone Japan 編集部
鬼才ホドロフスキーの最新作『エンドレス・ポエトリー』の公開が決定した。(C) Pascale Montandon-Jodorowsky
88歳の鬼才、アレハンドロ・ホドロフスキー監督の最新作『エンドレス・ポエトリー』が、11月18日(土)より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町、アップリンク渋谷で公開される。

『エル・トポ』『ホーリー・マウンテン』などの奇抜な作品群で知られ、世界中でカルト的人気を誇る鬼才アレハンドロ・ホドロフスキー監督。2014年には23年ぶりの新作『リアリティのダンス』と、製作されなかった幻の超大作ホドロフスキー版『DUNE』の顛末に迫ったドキュメンタリー映画『ホドロフスキーのDUNE』が公開され、大きな話題を呼んだ。

最新作『エンドレス・ポエトリー』は、フランス、チリ、日本の共同製作で、日本からはアップリンクが参加している。クラウドファンディングサイト「キックスターター」「インディゴーゴー」には、新作を熱望する世界中の支援者約9,000人から日本円にして約9,000万円が集められた。3月6日には東京・渋谷ユーロライブにてジャパンプレミアも行われ、日本の観客に向けてホドロフスキー監督から動画メッセージが寄せられた。



ホドロフスキー監督は、「『エンドレス・ポエトリー』の制作は、本当に途方もなく大変な仕事だったため、くたびれました」と心労を吐露しながら、「私は心から日本の文化を愛しています。日本食も、日本の禅宗のことも。思うにきっと前世は日本人でした。だからこそうれしいのです。映画を作るために多くの方が助けてくれたことが。ありがとう」と日本の支援者へ感謝の言葉を述べている。


(C) Pascale Montandon-Jodorowsky

『エンドレス・ポエトリー』
監督・脚本:アレハンドロ・ホドロフスキー
撮影:クリストファー・ドイル
出演:アダン・ホドロフスキー、パメラ・フローレス、ブロンティス・ホドロフスキー、レアンドロ・ターブ、イェレミアス・ハースコヴィッツ
音楽:アダン・ホドロフスキー
エグゼクティング・プロデューサー:アレハンドロ・ホドロフスキー、モイセス・コシオ、アッバース・ノクハステ、浅井隆
2017年11月18日(土)より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町、アップリンク渋谷ほか全国順次公開。
Text by Sahoko Yamazaki (RSJ)

RECOMMENDED

TREND