ハリウッド版『攻殻機動隊』の物語が明らかに:新映像解禁

By RollingStone Japan 編集部
ハリウッド版『攻殻機動隊』の物語が明らかに。(C)MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved.
士郎正宗のコミックを押井守監督が映画化したSFアニメの金字塔『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』のハリウッド版『ゴースト・イン・ザ・シェル』の日本版予告映像が解禁された。

新映像満載の日本オリジナル本予告映像からは、これまでベールに包まれていたストーリーの全貌が垣間見える。ちなみに本映像は、本国のパラマウント・ピクチャーズが日本のためだけに制作した特別オリジナル版だ。

脳以外全て義体である世界最強の捜査官・少佐(スカーレット・ヨハンソン)が、上司の荒巻(ビートたけし)やバトー(ピルー・アスベック)らエリート捜査組織・公安9課の面々と共に、脳をハックする脅威のサイバーテロリストとの戦いに身を投じていく。少佐は捜査を進めるうちに、自分の記憶は操作されており、自分の命は"救われた"のではなく"奪われた"のだと知る。本当の自分は誰なのか? 自らの存在を問うという、少佐の本当の戦いが始まる。


荒巻役のビートたけし。(C)MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved.

ルパート・サンダース監督は、「この作品を観るときっと感情的になるよ。もちろんアクションもたくさんあるし、クレイジーで極端な近未来を描いているけど、人間の脳が組み込まれたアンドロイドである主人公が、自分が誰であるのかを探そうとする旅なんだ。サイバーパンクの世界観はキープしつつ、主人公の内面を描いた」といい、「実写化にあたって色彩もこだわったんだ。マンガ、アニメを実写化するのはトリッキーで難しい部分があるものなんだけど、非常に原作に強さがあるし、キャスティング、ロケーション、デザインを一から作り上げて、違和感のない世界観に仕上げたつもりだよ」とこだわりを語っている。

3月31日の北米公開に先駆け、スカーレット・ヨハンソン、ピル—・アスベック、ジュリエット・ビノシュ、ルパート・サンダース監督は、ワールドプレミアのために来日することが決定している。日本では、4月7日から公開。


『ゴースト・イン・ザ・シェル』
監督:ルパート・サンダース
出演:スカーレット・ヨハンソン、ビートたけし、マイケル・ピット、ピルー・アスベック、チン・ハン、ジュリエット・ビノシュ
公開日:(北米)2017年3月31日(日本)2017年4月7日
http://ghostshell.jp/

Text by Sahoko Yamazaki (RSJ)

TOPICS

RECOMMENDED