シェリル・クロウの新曲『ハーフウェイ・ゼア』MVを見る

By RollingStone Japan 編集部
4月にニューアルバムを発売するシェリル・クロウ
4月21日に発売される、シェリル・クロウのニューアルバム『ビー・マイセルフ』から、先行シングル『ハーフウェイ・ゼア』のMVが公開された。

グラミー受賞経験多数、アメリカン・ミュージックの至宝とも言われる、シェリル・クロウの9枚目となるスタジオ・レコーディング・アルバム『Be Myself / ビー・マイセルフ』が、4月21日に発売される。

新曲『Halfway There / ハーフウェイ・ゼア』が、アルバム発売に先駆けてシェリル・クロウのオフィシャルYouTubeチャンネル公開された。

「ハーフウェイ・ゼア」はゲイリー・クラーク・Jr.がギターで参加しており、ポップスながらブルージーな
仕上がりになっている。また、ミュージック・ビデオは、フォトコラージュ仕立てのアニメで製作されており、シェリル自身もストーリーに登場している。

今作に於いてシェリルは、『If It Makes You Happy』、『My Favorite Mistake』等の彼女のヒット・ソングを共作していることで知られている旧知のジェフ・トロットと再びタッグを組み、エンジニアには、18年ぶりにタッグを組んだというチャド・ブレイクを指名したことで、シェリルは、90年代の彼女のテイスト、すなわち"オールド・スクールな"テイストに行きついたという。

「私は、初期に書いた楽曲が、どう人々に届いていたのかを改めて知りたいと思うの。なので、初めて座って、過去のレコードを聴きなおしたの。子供を学校に送り迎えするときにも車の中で聴いたりもしたし。そうすることで、私がアーティストとしてスタートしたとき、何を感じでいたのかを思い出すきっかけになったわ。でも(この作品『Be Myself』は、私というものの再レポートではなくて、私自身が来た場所の再訪と、この後どこへ私は行くのかを示してくれるものなの。そして、シングル「Be Myself」は、私にとってやはり特別な思いがあって、去年(2016年)の夏に世界で、いいえ、特にアメリカでおこっていた事(政治的な激動)もあって、私は急いで筆を走らせなければと思ったの。」

ローリングストーン誌によるロング・インタヴューはこちら




シェリル・クロウ『Be Myself / ビー・マイセルフ』
2017年4月21日リリース

1. Alone in the Dark / アローン・イン・ザ・ダーク
2. Halfway There / ハーフウェイ・ゼア
3. Long Way Back / ロング・ウェイ・バック
4. Be Myself / ビー・マイセルフ
5. Roller Skate / ローラー・スケート
6. Love Will Save the Day / ラヴ・ウィル・セイヴ・ザ・デイ
7. Strangers Again / ストレンジャーズ・アゲイン
8. Rest of Me / レスト・オブ・ミー
9. Heartbeat Away / ハートビート・アウェイ
10. Grow Up / グロウ・アップ
11. Woo Woo / ウー・ウー

TOPICS

RECOMMENDED