X JAPAN、英国ロックの殿堂に立つ:ウェンブリー・アリーナ公演

By RollingStone Japan 編集部
X JAPAN、英国ロックの殿堂に立つ:ウェンブリー・アリーナ公演。
2014年の米マディソン・スクエア・ガーデン、YOSHIKI単独の米カーネギーホール、そして今回の英ウェンブリー・アリーナと、X JAPANは3大殿堂制覇という快挙を成し遂げた。

3月4日(現地時間)、英国ウェンブリー・アリーナ(現 SSE アリーナ・ウェンブリー)で、『X JAPAN LIVE 2017 at the WEMBLEY Arena in LONDON』が行われた。



2016年3月に予定されていた本公演の延期から1年の時を経て、X JAPANは遂に "英国ロックの殿堂"のステージに立った。ライヴは名曲『RUSTY NAIL』で幕を開け、『HERO』『JADE』『Born To Be Free』『X』『ENDLESS RAIN』などの代表曲に加え、クイーンの『ボヘミアン・ラプソディ』やデヴィッド・ボウイの『スペイス・オディティ』など、YOSHIKI がイギリスならではの曲をサプライズでピアノ演奏した。さらに、この日に公開録音したファンの歌声で完成形を迎えた新曲『KISS THE SKY』や、音源化されてない『Beneath The Skin』などの特別な楽曲、そして彼らの軌跡を描いたドキュメンタリー映画『WE ARE X』のテーマソングである『La Venus』など、客席を埋め尽くした1万人の観客を前に全23 曲を披露した。

彼らのステージを待ちわびていたファンたちで埋め尽くされた会場は、終始熱い盛り上がりを見せた。日本でも、WOWOWでのライヴ生中継、そして日本時間 5 日(日)には全国の映画館でライブビューイングを開催するなど、現地に負けないほどの熱気と興奮に包まれた。



昨年末の紅白歌合戦で初お披露目され、これまでライブでは使用されたことのなかったKAWAIの新型クリスタルピアノをわざわざ日本から空輸するなど、バンドのウェンブリー公演へのこだわりは強かった。1年前のPATAの急病で、一時はグループとしての活動が危ぶまれた時期もあったが、そこから復活したバンドは満を持して"英国ロックの殿堂"のステージに立ったのだ。
Text by Sahoko Yamazaki (RSJ)

RECOMMENDED

TREND