ビートルズ『ア・デイ・イン・ザ・ライフ』知られざる10の真実

By Colin Fleming
(Photo by John Downing/Getty Images)
ビートルズの最高傑作とされている『ア・デイ・イン・ザ・ライフ』にまつわる10の秘話を公開する。

「『ア・デイ・イン・ザ・ライフ』は、ちょっとしたものだった」と、1968年、ジョン・レノンはローリングストーン誌に語った。それは、ありきたりで控えめな言い方だった。「気に入っている曲だ。ポールと僕が作った良い作品だ」。ビートルズの楽曲リストは伝説的な曲で溢れているが、アルバム『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』の最後に収録されたこの大作は、他の曲より抜きんでている。そしてその事実は、この曲がローリングストーン誌でビートルズの最高傑作として選ばれた2011年、公の事実となった。『ア・デイ・イン・ザ・ライフ』がスタジオでレコーディングされたのは50年前、1967年1月19日だった。ビートルズの最も輝かしいこの作品について、みなさんが知らないであろう10のことを見ていこう。

1.    ”車の中で正気を失った”男、という重要な一節は、ビートルズの友人の死から着想を得た

この曲の着想の中核――特にジョン・レノンが歌う、”車の中で正気を失った”男、というオープニング――は、1966年12月18日に交通事故で亡くなったタラ・ブラウンの死と関係している。21歳のブラウンはギネス家の跡継ぎで、ビートルズの友人だった。1月17日のデイリー・メール紙には、ブラウンの2人の子供たちとその親権についての記事が掲載されている。それは、『ア・デイ・イン・ザ・ライフ』のレコーディングのちょうど2日前だった。曲の着想を得るために定期的に新聞を読んでいたレノンは、新聞購読の習慣をこの有名な歌い出し、” I read the news today, oh, boy(今日新聞を読んだ)”に取り入れ、英国の悲劇とバディ・ホリーの口癖(oh boy)を組み合わせた。「タラは正気を失ったんじゃない」とレノン。「だが、ヴァースを書いている時にその言葉が浮かんだんだ。曲の中の事故の詳細――信号に気が付かなかったというところと、事故現場に人だかりができたというところ――は、フィクションだ」。『ア・デイ・イン・ザ・ライフ』の肝は傍観する感覚だ。そしてこのオープニングのテーマは、新しい世界をじっと見入ることだった。(ポール・マッカートニーの初めてのLSD体験を手伝ったのも、タラ・ブラウンだった)。

2. リバプールの子供時代を描くことを想定していたコンセプト・アルバムに、最初にレコーディングしたのが『ア・デイ・イン・ザ・ライフ』だった

レノンとマッカートニーが、それぞれリバプールでの子供時代を振り返っている『ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァー』と『ペニー・レイン』のレコーディングが終了し、ビートルズは、後に英国で最も有名な港町となるリバプールでの生い立ちを、アルバムで具現化することを検討していた。彼らの気分は子供時代だった。そしてその事実は、マッカートニーが書いた、朝起きて遅刻しながらバスに乗るという、『ア・デイ・イン・ザ・ライフ』の中盤で幾らか表現されている。(ジョージ・ハリソンは、バスの中で”みだら”な演奏をし、レノンとマッカートニーのオーディションを受けた。そして1964年の『ビートルズ・フォー・セール』リリース後のBBCライヴで、マッカートニーは”バスに乗るのが好きだ”と語っている)。曲のタイトルは、最初のレコーディングセッションまでは『イン・ザ・ライフ・オブ』だった。より成熟したものにするため、子供時代をコンセプトにするという案は却下されることになった。「4人のマッシュルームカットの少年たち、というアプローチを、僕らは本当に嫌っていた。僕らは子供じゃなかった。大人だった」とマッカートニー。それでも、『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』に収録されている他の多くの曲同様、無邪気な驚きはこの曲の中にも保たれている。
Translation by Satoko Cho

TOPICS

RECOMMENDED

TREND