藤井尚之が語る新作アルバム:「ちょっとエロな音を表現できたらいいなと思って」

By Mayuko Kumagai
ニューアルバム『foot of the Tower』には、藤井尚之の"テナーサックス奏者"としての想いと決意が込められている
藤井尚之がテナーサックスにこだわったアレンジで聴かせるインストゥルメンタルアルバム『foot of the Tower』をリリース。誰もが知っているスタンダードナンバーとオリジナル楽曲で構成された全11曲。デビューから34年。円熟の時に達した彼の"俺はテナー吹きだ!"という想いと決意が込められたアルバムの制作エピソードを聞く。

―『foot of the Tower』は全曲インストゥルメンタルのアルバムですが、企画の成り立ちをお聞かせください。

前作の『My Life』は、藤井尚之名義で出すのが7~8年ぶりだったということもあって、久しぶりだから歌っちゃえ! というアルバムだったんですけど(笑)、本来、自分はサックスプレイヤーなので、『My Life』とは真逆のものをサックスで、インストでやろうという話になり、そこでカヴァーを取り上げようという案が出てきたんです。

藤井尚之としてカヴァーをするのは初めてだったので選曲はけっこう悩むところではあったんですね。マニアックな曲もアリだと思ったんですが、むしろみんなが知っているメジャーな曲をやった方が面白いんじゃないかというのがありまして。カヴァーはいかに面白いように"料理"するかが大事だから、オリジナルを超すというのとは違いますけど、そうきたか! というアレンジをしたいよねと。サックスはアコースティックで、プレイヤーの演奏の仕方で音色をつけられるというか、音の表情が変わるものですから、キレイに聴かせるというのもいいですけど、ちょっとエロな、いやらしい感じも出せるんです(笑)。人間らしさと言うか、そういうものが出たらいいなと思ったんですよね。



―実際、映画『禁じられた遊び』のテーマ曲『Romance Anonimo』はこんなアレンジになるんだという新鮮な驚きがありました。

あの曲をサックスでやると、ああいったアレンジしか自分の中にはなくて。三拍子を三拍子ではなく、テナーサックスのラインはエロティックに表現して、サウンドはザ・ベンチャーズなんです(笑)。やり方次第でどんなふうにもすることができるのは、音楽の面白いところですよね。

TOPICS

RECOMMENDED