映画『きょうのキラ君』:キラ役・中川大志が語った胸キュンシーンの裏側

By RollingStone Japan 編集部
(C)2017「きょうのキラ君」製作委員会
みきもと凜の人気少女漫画を原作とした映画『きょうのキラ君』。容姿端麗で学校中の女子が憧れる"キラ"役を演じた中川大志が、役作りへのこだわりや少女漫画の醍醐味である胸キュンシーンの再現について語った。

誰もが憧れるラブストーリーとして連載終了後も人気がおとろえない少女漫画の名作『きょうのキラ君』。こういった人気原作の実写化というと、たいていの場合は演じる役者にそのプレッシャーは大きくのしかかる。中川大志が演じたキラというキャラクターは、学校一イケメンの人気者でありながら、実は病気を抱え余命宣告を受けているという人物だ。そんな彼が変わり者だが心優しい岡村ニノン(飯豊まりえ)に出会うことで変わっていく、現実にありそうな純愛物語をどのように再現していったのか。リアルとファンタジーのギリギリのラインを演じる、その裏側には人知れぬ努力があった。


(C)2017「きょうのキラ君」製作委員会

―少女漫画の実写化というのは初挑戦だったそうですが、やっぱり難しいものですか?

恋愛モノの作品は今までにもあったのですが、少女漫画の映画化は初めてでしたね。難しさというところでは、少女漫画だからというよりこの"キラ"という役が難しかったです。


(C)2017「きょうのキラ君」製作委員会

―具体的にどんなところが?

宣伝とかで言われるキラ君の肩書きって"学校一のイケメン"とか"モテ男"とかなので、見てくださるお客さん、特に女性に憧れられるような存在じゃないといけないわけで。演じる時もそういう部分は損なわないように意識しつつ、彼が実は抱えているものや人間臭い部分もしっかり出さないとこの作品は成立しないなと思ったので、そのバランスが難しかったですね。
Text by Rika Suzuki (RSJ)

TOPICS

RECOMMENDED