ART-SCHOOL木下理樹レコメンド、"準新作"的映画5選

By RollingStone Japan 編集部
ARTーSCHOOL木下理樹レコメンド、"準新作"的映画5選
映画好きのART-SCHOOL木下理樹がオススメする2016年に公開された映画5本とは?

ART-SCHOOL本編インタヴュー記事の中で語られている木下理樹の歌詞の書き方は、主に好きな絵画や映画を観て、そこからイメージを膨らませるという手法だった。

作詞のためだけではなく、普段から映画好きでよく観ているらしいという噂を以前から聞いていたので、その話に引っ掛けておすすめの映画も挙げてもらうことに。テーマは2016年に公開された"準新作"的作品。興味が沸いた映画があったら、ぜひそのままレンタルショップへ。 『ディストラクションベイビーズ』/監督・真利子哲也

「多分若い監督なのかなぁ。向井(秀徳)さんが音楽をやっていたので観たんですけど。ああ、こういうの待ってた待ってた! みたいな。意味なく人を殴るんですけど、内容はかなり面白かったです」

『デッドプール』/監督・ティム・ミラー
「マーベル・コミックのヒーロー・コメディなんですが、もう単純に愉快なんです。愉快で下品で最高じゃん! っていう感じ(笑)」

『シン・ゴジラ』/監督・庵野 秀明
「率直な感想は、ゴジラそんなに動かねえんだ! みたいな。やっと動いてはちょこっとだけ破壊するのとか、第二形態になるのとか、ゴジラの再定義みたいな感じで面白かったですね」
Text by Rika Suzuki

TOPICS

RECOMMENDED

TREND