Rolling Stone

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

2017年のオスカーを占う:誰が獲るべきか、誰が獲るのか

RollingStone Japan 編集部 | 2017/02/25 11:00

| 2017年のオスカーを占う:誰が獲るべきか、誰が獲るのか。 |


<撮影賞>
『メッセージ』ブラッドフォード・ヤング
『ラ・ラ・ランド』リヌス・サンドグレン
『LION ライオン 25年目のただいま』グレイグ・フレイザー
『ムーンライト』ジェームズ・ラクストン
『沈黙 サイレンス』ロドリゴ・プリエト

今年は新人が数多く集まった。ノミネート歴があるのはロドリゴ・プリエト(『ブロークバック・マウンテン』)だけである。映画撮影監督協会はグレイグ・フレイザーの『LION ライオン 25年目のただいま』の功績を称えているが、私はオスカーを獲るのはフレイザーではない予感がしている。

本命:『ラ・ラ・ランド』リヌス・サンドグレン
番狂わせ『ムーンライト』ジェームズ・ラクストン


『LION ライオン 25年目のただいま』(C) 2016 Long Way Home Holdings Pty Ltd and Screen Australia

<作曲賞>
『ジャッキー ファーストレディ 最後の使命』ミカ・レビ
『ラ・ラ・ランド』ジャスティン・ハーウィッツ
『LION ライオン 25年目のただいま』ダスティン・オハローランハウシュカ
『ムーンライト』ニコラス・ブリテル
『パッセンジャー』トーマス・ニューマン

ジョン・ウィリアムズの『ジョーズ』のテーマ、エンニオ・モリコーネの『続・夕陽のガンマン』の壮大な交響曲など、映画とともに記憶される、もしくは映画を超えて心に残り続ける楽曲たち。今年ノミネートされた楽曲たちも、その仲間入りを果たすだろう。

本命:『ラ・ラ・ランド』ジャスティン・ハーウィッツ
番狂わせ:『ジャッキー ファーストレディ 最後の使命』ミカ・レビ


『ラ・ラ・ランド』(C) 2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND. Photo courtesy of Lionsgate.

<主題歌賞>
『ラ・ラ・ランド』“オーディション(ザ・フールズ・フー・ドリーム)”
『Trolls』“Can’t Stop the Feeling”
『ラ・ラ・ランド』“シティ・オブ・スターズ”
『Jim: The James Foley Story(原題)』“The Empty Chair”
『モアナと伝説の海』“How Far I’ll Go”

『The Empty Chair』という曲を聴いたことがあるだろうか? 多分ないだろう。ジャスティン・ティンバーレイクの大ヒット曲『Can’t Stop the Feeling』はしつこいくらいにキャッチーな曲だ。リン・マニュエル・ミランダは、『モアナと伝説の海』で独創的な世界観を築き上げた。『How Far I’ll Go』はどこまで行けるだろうか? おそらくそこまで遠くには行けない。

本命:『ラ・ラ・ランド』“シティ・オブ・スターズ”
番狂わせ:『ラ・ラ・ランド』“オーディション(ザ・フールズ・フー・ドリーム)”


『ラ・ラ・ランド』“シティ・オブ・スターズ”

<生中継!第89回アカデミー賞授賞式>
2月27日(月)午前10:00より生中継 WOWOWプライム
リピート放送 2月27日(月)夜9:00(字幕放送)
http://www.wowow.co.jp/academy/
Translation by Sahoko Yamazaki

RECOMMENDED

おすすめの記事