『宇宙戦艦ヤマト』完全新作:神田沙也加が語る、声優の醍醐味と覚悟

By TAKASHI TOKITA
神田沙也加が語る、声優の醍醐味と覚悟「キャラクターが増えることはうれしいこと」。(C) 西﨑義展/宇宙戦艦ヤマト2202製作委員会
アニメーション史に燦然と輝く不朽の名作『宇宙戦艦ヤマト』。そのリメイクである『宇宙戦艦ヤマト2199』の、ファン待望の続編となる完全新作シリーズ『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』が二週間限定で劇場上映され、新たなる全七部作の伝説がついに幕を開ける。

その本作で、宇宙の平安を願い続ける伝説の女神テレサ役を、女優の神田沙也加が演じる。近年、声優としての活躍も目覚ましい彼女が、「本当の意味での声優デビューになる」と言った本作の話題をはじめ、声優という仕事の醍醐味や覚悟についてなど、赤裸々に語った。

―本作が「本当の意味での声優デビューになる」というコメントを拝見しましたが、出演が決まった時はどのような心境だったのでしょうか?

わたし自身もちろん知っているシリーズでしたし、根強いファンの方がたくさんいらっしゃいますよね。小さい頃などカラオケで大人が「宇宙戦艦ヤマト」の曲を歌っていて、名前をずっと聞いてきました。それがまた新たなプロダクトとして登場することは、大きいことですよね。そこに自分みたいな声優一本で活動してきたわけじゃない人間が入って、こういう大事なキャラクターを演じさせていただくことになって、今回はとても恐縮しました。

―日本人の間ですでに浸透している感、がヤマトはズバ抜けていますからね。

そうなんですよね。しかもファンの方の想いが、とても深い気がしました。以前ファンの方とお話した時に、「もうヤマトはですね!」と語気が強くて(笑)。そういうことを知れば知るほど、みなさんの想いが深ければ深いほど、恐れ多くなりますね。また、『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』のサントラが、『アナと雪の女王』が出てくるまでずっと一位を取り続けていたそうなので、それだけ長く愛されて続けている作品なのだと思います。それだけに重みや厚みを感じますね。


(C) 西﨑義展/宇宙戦艦ヤマト2202製作委員会

―「役作りが壮大すぎて」ということも言われていたそうですが、テレサのキャラクターの理解は大変でしたか?

そうですね(笑)。普段役作りをする際に、どういう背景があるのかなど読み込みをします。たとえば明るい、おとなしい性格などは理解しやすいですが、神様は見たことがないので、創造の範囲が広いですよね。誰も見たことがないキャラクターだけれど、ヤマトという世界観においては非常に象徴的な存在でもあるので、どういう声のトーンでインパクトを残そうかなとか、アフレコの初日までいろいろ考えて、考えて。緊張しました。

―あえて言葉で説明すると、どういう感じでしょう?

アフレコでは、「もっと神々しく」というリクエストがありました。神々しいって、難しいですよね。かわいいということではないので、十分に間をたっぷりととって、あまり抑揚をつけずに抑えて、抑えて、達観している感じというか、そういうことを表現しました。それでOKをいただいたので、波があるドラマチックじゃないほうがよかったみたいです。

TOPICS

RECOMMENDED

TREND