マライア・キャリー、人気ソングベスト5

By BRITTANY SPANOS
ローリングストーン読者が選ぶ、マライア・キャリー、人気ソングベスト5
ローリングストーン読者が選ぶ、『ウィ・ビロング・トゥゲザー』から『ファンタジー』まで、マライア・キャリーの人気ソングベスト5を紹介。

2月3日(米現地時間)、ラッパーのYGとコラボレーションした滑らかで気骨に溢れた新曲『I Don’t ft. YG』で、マライア・キャリーが戻って来た。ここ数年間にわたり、キャリーは自身のドキュメンタリーシリーズ『Mariah’s World(原題)』、初となるヨーロッパ・ツアー、ラスベガスでの滞在、3月から始まるライオネル・リッチーとのツアーなど、我々の身近に帰ってきた。新曲発表を祝い、ローリングストーン読者にマライア・キャリーのベストソングを投票してもらった。結果は以下のとおりだ。

5位:『オールウェイズ・ビー・マイ・ベイビー』(Always Be My Baby)

1996年、『ビルボード・ホット100』チャートで1位を記録したマライアの11枚目のシングル『オールウェイズ・ビー・マイ・ベイビー』は、マドンナやホイットニー・ヒューストンと並び、トップを飾るシングル楽曲となった。ロマンティックでミッドテンポなこの曲は、彼女の早期のキャリアにおける明快なヒット曲であり、キャッチーなコーラスと、彼女の柔らかなヴォーカル・パフォーマンスをフィーチャーした楽曲の1つだ。共同で作曲し、プロデュースを手掛けたジャーメイン・デュプリは、後にダ・ブラットとエスケイプによるゲストヴァースをフィーチャーした、独自の公式リミックスをリリースした。2005年、デュプリとマライアは、彼女の10枚目のスタジオアルバム『MIMI』のために、再びチームを組んだ。
Translation by Yuka Ueki

TOPICS

RECOMMENDED