桐谷健太が語る『彼らが本気で編むときは、』:「"大丈夫、キレイやで"と声をかけていました」

By Mio Shinozaki
(C)2017「彼らが本気で編むときは、」製作委員会
トランスジェンダーの介護士・リンコ(生田斗真)と恋人の書店員・マキオ(桐谷健太)、マキオの姪っ子・トモ(柿原りんか)。トモの母親の失踪をきっかけに始まった3人の疑似家族の日々を、『かもめ食堂』などで知られる荻上直子監督が柔らかいタッチで描き出した『彼らが本気で編むときは、』。

荻上監督は、アメリカ在住時代には当たり前のように周りにいたLGBTの人々が、日本に戻ると少なくなることに違和感を覚えていた。同じ割合で、日本にもいるはずなのにと。そして、この作品を撮った。

本作では、3人は普通の家族として存在している。しかし一歩外に出ると、リンコは偏見の目で見られてしまう。その状況に、悔しさを噛みしめる小学生のトモ。この1本の映画は、LGBTの人々への視線が変わるきっかけとなる1つの波かもしれないと思った。

リンコの恋人であり、トモの叔父というキーマン的存在・マキオを演じた桐谷健太に、話を聞いた。


C)2017「彼らが本気で編むときは、」製作委員会

―深い愛でリンコとトモを見守るマキオという役どころと、どうやって向き合っていったのでしょう?

基本的に僕は、お芝居は自分以上のことはできないと思っています。だからこそ、自分を超えていくことが大事だと常々思っていて。今回のマキオという役の場合は、佇まいやセリフをあからさまに優しいテイストでやってしまうと、押しつけがましいものになるなと感じていました。自分の中から出てくるものを使わないと、血が通わないものになってしまうと。

僕は大阪から上京してきた時に、ダンスクラブで遊ぶ"夜のクラブ活動"をしていまして(笑)、そこでゲイの方々とたくさん知り合ったんですね。その人達からモデル事務所を紹介してもらったことがこの世界への入口でしたし、いまだに仲がいいんです。昔からの友達の中には、戸籍を女性に変えて性別適合手術が終わった人もいます。だから違和感がないというか、セクシュアル・マイノリティの友達がいることが当たり前の日常だったんです。


(C)2017「彼らが本気で編むときは、」製作委員会

今回、マキオを演じるにあたってその友達に電話して、"よかったら教えてくれへん?"と、心境や取り巻く環境を聞きました。そして"リンコと結婚しようとするマキオの行動は、日本ではすごく覚悟のいることだ"と教えてもらったんですね。マキオは男らしい男だし、人の痛みを知っている。そして自分の想いに率直。そこを自分の中で構築していったところはあります。

TOPICS

RECOMMENDED