minus(―)インタヴュー:藤井麻輝が語った新作『O』と自身の死生観

By Joe Yokomizo
昨年末、最新アルバム『O』をリリースしたminus(-)。
元SOFT BALLETの藤井麻輝と森岡賢によるユニットminus(―)が年末に発表した最新アルバム『O』という作品には、もう触れただろうか。彼らにとって、そして彼らのフォロワーにとって森岡の逝去という出来事を乗り越えた2016年はまさに"激動"であり、そんな1年を集約するかのようにリリースされた今作が、実質2人体制のminus(―)としては最後の作品となった。

そして、新たに迎えた2017年。藤井麻輝のもとを訪れ、今後の活動の方向性や訃報を受けた当時の心境など、率直な疑問をぶつけてみた。すると、そこから見えてきたのは、意外にも彼の中に幼い頃から根づく独自の死生観だった。

―2016年12月28日に最新アルバム『O』がリリースされましたが、これがminus(―)としてはラストアルバムになるのでしょうか?

いえ、2人体制としてはラストになりますけど、minus(―)の活動が終わるというわけではないです。2017年もちょろちょろやっていくと思います。

―昨年は森岡賢さん急逝という大きな出来事があって・・・。あらためて伺いますが、その時どんな心境でしたか?

もともと仮病大好きくんだったので"ついにそこまで話広げちゃったか"と最初は思っていたんです。

―ちょうど、このアルバムを制作している最中だったそうで。

そうですね。マスタリングのちょうど10日前くらいだったかな。なので、新曲3曲以外は完成に近い状態ではあったんですけど。

―その3曲は、作品化するにあたって森岡さんのPCからデータを引き揚げたと伺いました。

それが、少し違うんですよ。3曲のうちの2曲は今回同時リリースした『V』(恵比寿リキッドルームのライヴ映像作品)にも入っていて、その時点でライヴで演奏できるくらいまでは完成していたんです。だから、まるっきり新しいのは1曲だけ。『No Pretending』という曲なんですけど、それもデモ段階くらいのものはすでに僕のところにあって、念のため森岡のPCからデータをサルベージした、というだけで。

―そうだったんですね。その2曲は、どのように完成まで持って行ったんですか?

それはもう、森岡だったらこういう音をいっぱい入れるよね、というのを何となく想像しながら。

―歌はすでに入っていた?

歌が一番困った部分でした。未完成の状態のヴォーカルファイルしかなかったから、それを現代科学の力で聴こえる状態までいじくり回して。

―それこそ、hideさんの『子ギャル』みたいな?

あれとは違いますね。hideくんの場合は膨大な歌のトラックを残していたと思うのですが、森岡の場合はminus(―)で歌っていた分くらいしかなかったので、なかなか言葉が足りなくて。
Text by Rika Suzuki (RSJ)

TOPICS

RECOMMENDED

TREND