トランプ VS マドンナ、因縁対決まとめ

By BRITTANY SPANOS
JStone / Action Sports Photography / Shutterstock
マドンナと就任直後のトランプ大統領は25年以上前から対立関係にあった。現在も進行中のマドンナとトランプ大統領の戦いの歴史を振り返る。

ミュージシャン、そして、セレブとしてマドンナは常に自分の政治に関する意見を堂々と主張してきた。16年の大統領選挙ではヒラリー・クリントンの熱狂的な支持者として活動し、ドナルド・トランプを手厳しく批判してきた。マドンナのトランプ批判のピークは、就任式当日、1月21日の首都ワシントンで行われた女性の行進での情熱的で、賛否両論の演説中に迎えた。しかし、実際には両者は30年近く前から衝突していたのであった。

ラウンド 1
89年発売のタイム・アウト誌の巻頭インタヴューで、ボクシングの試合を観戦するために当時の夫のショーン・ペンと訪れたアトランティック・シティーのトランプ・ホテル・アンド・カジノに入場する際、無数のカメラを向けられたことをマドンナは明かしている。マドンナはプライバシーとセキュリティーへの配慮の欠如についてトランプ本人を非難していた。「どこに行けばいいの?何をすればいいの?ドナルド・トランプは信じられない男だわ。」と当時マドンナは語っていた。また、マドンナはこのマイク・タイソンとの試合ではリングサイドで頻繁に姿が目撃され、脇役のような役割も務めていた。その後、トランプはマドンナにもっと良い席を用意すると提案したものの、マドンナはゲスト(帯同していた記者)を置いてきぼりにすることを望まず口論に発展したようだ。

ラウンド 2

トランプが大統領を目指す考えを初めてマドンナが知ったのは90年代であった。インタヴュー・マガジン誌の取材で、当時不動産会社の御曹司であったトランプが大統領への立候補を検討していることが、初めて伝えられたのであった。「マーラと?でも、セックスしたことがあるなら大統領になれないわよ。それが規則でしょ。」とマドンナはジョークを飛ばしている。記者は現米国大統領のドナルド・トランプにはJFKになりたいという願望があり、また、「女たらし」であることを証明する必要があると指摘していた。また、記者が「トランプは権力のオーラを持っている」と示唆すると、マドンナはすぐに否定していた。「トランプは意気地なしだわ。」とマドンナは応じ、家族を優先する男と「助平」男が代わる代わる大統領に選ばれていると仄めかした。そして、「もっとハンサムな男はいないの?」と付け加えた。
Translation by K.J. Houston

TOPICS

RECOMMENDED

TREND