妻夫木 聡が"迷いだらけの芝居だった"という役を語る:映画『愚行録』

By Momoe Okumura
(C)2017『愚行録』製作委員会
人間なら誰しもが陥ってしまう"愚かさ"や"愚行"をスクリーン上にまざまざと描き出していく映画『愚行録』。第135回直木賞候補作にもなった貫井徳郎の同名小説を原作とする本作、監督はこれが長編デビューとなる石川 慶、主人公の週刊誌記者・田中武志役は妻夫木 聡が務めている。始まりから終わりまで観るものの心をざわめかせる『愚行録』について、妻夫木に話を聞いた。

―まず、今回の話がきた時の心境は?

新進気鋭の石川 慶監督の初長編作ですし、とても挑戦的な内容だったので、オファーをいただいてすごく嬉しかったです。

―『愚行録』は、観客にすべてを説明するのではなく、提示されたいろいろな要素を観客の方で集約していくタイプの作品ですね。

そうですね。登場人物に感情移入しながら主観的に観るというよりは、一歩引いた立場で客観的に観る作品になっています。劇中には自分の心の内をさらけ出さない人も多く登場するので、"本当はこういう風に思ってるんじゃないか"と想像しながら観ていただければと思います。


(C)2017『愚行録』製作委員会

―妻夫木さん自身は、演じる上で意識した点はありますか?

僕自身も、原作や脚本より役を膨らませたいという欲を捨てて、田中としてどう作品中に存在するかを大事にしました。あと、役を演じる時はわかりやすくひとつのキャラクターを作ってしまいがちなんですが、今回はあえて多面性というものを意識して、観ている方たちに"田中はこんな人物だ"という先入観を持たれないように心がけました。

TOPICS

RECOMMENDED

TREND