X JAPANドキュメンタリー映画『WE ARE X』日本公開決定:予告編映像も解禁

By RollingStone Japan 編集部
X JAPANドキュメンタリー映画『WE ARE X』日本公開決定:予告編映像も解禁。(C)2016 PASSION PICTURES LTD.
X JAPANの封印された歴史を描く、ハリウッドが制作したドキュメンタリー映画『WE ARE X』が、3月3日に日本公開が決定した。世界への挑戦、脱退、解散、HIDEとTAIJIの死、Toshlの洗脳—そして復活。どんな脚本家も描けない、あまりにも壮絶な真実の物語。

1月25日(水)放送のYOSHIKI CHANNEL(ニコニコ生放送)にて、本作の日本公開日が3月3日(金)に決定したことが発表された。また日本のみならず、ロンドンでも同日公開される。さらに、日本公開決定に併せて解禁になった日本版予告編映像も公開された。X JAPAN待望の新曲『La Venus』がテーマ曲として日本版オリジナルの予告編にも使用されている。

米アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した映画『シュガーマン 奇跡に愛された男』の製作陣が選んだ次なる伝説的ミュージシャンは、日本のロックバンド"X JAPAN"。ドキュメンタリー映画で多くの実績を持つスティーヴン・キジャック監督の手により、彼らが歩んできた比類なきストーリーが感動的に描かれ、2016年1月には米国・サンダンス映画祭で最優秀編集賞を受賞、3月にはSXSW(サウスバイサウスウェスト)映画祭でデザイン部門観客賞を受賞するなど、これまですでに世界20以上の映画祭にも出品され、世界中のマスコミや評論家からも高い評価を獲得している。 

1月28日(土)より、劇場前売券が発売されることも決定し、劇場限定特典として「海外版ポスタークリアファイル」(数量限定)が付く。
映画公開日の翌日3月4日には、英・ロックの殿堂ウェンブリー・アリーナ公演を控えている。


『WE ARE X』
監督:スティーヴン・キジャック
上映時間:96分 / アメリカ映画
2017年3月3日(金)より全国公開
(C)2016 PASSION PICTURES LTD.

TOPICS

RECOMMENDED

TREND