エド・シーラン、10代の青春を回想した『キャッスル・オン・ザ・ヒル』のMVを見る

By BRITTANY SPANOS
『キャッスル・オン・ザ・ヒル』のMVで、エド・シーランは10代の頃を再現し成長してゆく姿を描いた。
エド・シーランは、10代の頃の英国フラムリンガムでの仲間たちとの青春を『キャッスル・オン・ザ・ヒル』のMVで振り返り再現した。

エド・シーランは『キャッスル・オン・ザ・ヒル』のMVで自身の10代の頃を再現し、成長してゆく姿を描いている。このクリップは、シーランの故郷、英国フラムリンガムで撮影された。

このMVでは、地元の街を友人たちと車で走り回る若き日のシーランの姿が描かれる。ファーストキスを経験し、踊りに出かける。そこには現在のシーランもいる。彼の人生における10代からの絆を称える歌を歌い、若者たちのたくさんの悪ふざけについても触れながら、街を一人車で走る。そして、彼らが自分の成長を手助けしてくれたことに感謝する。

シーランは、今月始め、ナンバー1ヒット・シングルの『シェイプ・オブ・ユー』と同時に『キャッスル・オン・ザ・ヒル』をリリースした。どちらの曲も3月3日にリリースされるシーランの3枚目のアルバム『÷(ディバイド)』に収録されている。『÷(ディバイド)』は2014年のアルバム『x(マルティプライ)』以来となるものだ。シーランは『x(マルティプライ)』の後、ツアーを経て、今回のアルバム制作に集中するため、1年間ソーシャル・メディアを休止していた。

Translation by Kise Imai

RECOMMENDED

TREND