阿部 寛が映画の中に見つけた"やさしさ"とは?:映画『恋妻家宮本(こいさいかみやもと)』

By Keiichiro Oshima
(C) 2017「恋妻家宮本」製作委員会
『家政婦のミタ』をはじめ、テレビドラマの世界に数々の旋風を巻き起こしてきた脚本家・遊川和彦が、初めてメガホンを取った映画『恋妻家宮本(こいさいかみやもと)』。この作品で、主演を務める阿部 寛に役作りの工夫や監督、共演者とのエピソード、そして作品に込められた"やさしさ"について語ってもらった。

―宮本陽平という役を演じるにあたって、役作りはどうされたんでしょうか?

役作りをあえてするよりも、遊川さんの演出に応えるほうがいいかなって思っていました。だから、自分では役作りはあんまり考えないようにしてましたね。現場でとりあえず演じて、それを遊川さんが演出するという感じ。遊川さんはもともと役者を目指されていたので、ご自分で目の前で演じて見せてくれるんですよ。それを見て、ああこういう感じでやってみようかな、と。余計なものを入れていかないでいきましたね。自分にはない芝居。だから、完成した映像を観て、こんな感じになるんだって思いました。僕がやると、遊川さんが演じていたのとはまた全然違うキャラになるんですよね。

―陽平を演じられてみて、自分との共通点はありましたか?

それが、あんまりないんだよね、じつを言うと(笑)。ただ、ないほうが自分でいろいろ想像してできるんですよ。表現としてどうなっているのかが、しっかり自分でもわかる。だから、お客さんに少しでも伝わるようにやれる。そういう意味でいうと、少し離れている役のほうがやりやすいんですよね。


(C) 2017「恋妻家宮本」製作委員会

―陽平はこれまで演じてこられた役とだいぶ違う印象を受けましたが?

自信がなく、いつも悩んでいる男っていうのは初めて演じました。いままでは、自信満々に生きている人間を演じることが多かったんです。監督の遊川さんからも"いままで見たことのない阿部さんを作りたい"と言われて。僕は声が低い印象があるから、声を低くしないでくれって演出されました。芝居をしている最中にも"今、低くなりました"って注意されたりしましたね。気持ちが入るとやっぱり声が低くなっていっちゃう。そこが全部封じられた役でした。

TOPICS

RECOMMENDED

TREND