元モデルのホームレス生活を赤裸々に綴った『ホームレス ニューヨークと寝た男』

By RollingStone Japan 編集部
元モデルのホームレス生活を赤裸々に綴った『ホームレス ニューヨークと寝た男』。(C) Homme-less-Jp-Project
家族や恋人を持たず、大都市ニューヨークに生きる家を持たないライフスタイル。そこには、過酷な生活と引き換えに無上の喜びと自由があった。

ニューヨークの街ゆくモデルやファッショニスタたちに声をかけ、巧みな話術でシャッターを切る白髪のナイスミドルなフォトグラファー、マーク・レイ。モデルや俳優としても活動するハンサムでスタイリッシュな彼は、実は6年にも渡り、ある建物の屋上で寝袋にくるまる生活を送るホームレスだった。

映画『ホームレス ニューヨークと寝た男』は、レイの友人トーマス・ヴィルテンゾーンがレイの生活に3年間密着したドキュメンタリー。クリント・イーストウッドの息子でジャズベーシストのカイル・イーストウッドが手がけたジャジーなオリジナルスコアが、華やかさと孤独が雑居する摩天楼ニューヨークの世界観を彩っている。

レイの来日中の宿泊場所はSNSで募集され、多数の応募の中から都内のシェアハウスに滞在することになった。静かな住宅街のテラスでくつろぐレイに、ニューヨークでの屋上生活、政治観、恋愛観などを語ってもらった。

−シェアハウスでの滞在はいかがですか?

最初は渋谷のラグジュアリーなホテルに泊まってたから、ファッションからファンクにやってきたという感じかな(笑)。対極だけど、とっても気に入ってるよ。

−今頃、ニューヨークはかなり冷え込んでいますよね。

実はそうでもなくて、意外と暖かいんだ。自然界的にはもっと寒いはずなんだけど。でも僕が屋根の上で生活していた時は、雪が降ったり雨が降ったり、マイナス10度は当たり前で、耐えきれないような寒さの日もあったけどね。

−今回が初来日とのことですが、東京の印象はいかがですか?

とにかく人が多いね!


(C) Homme-less-Jp-Project

−ニューヨークも多いですよね?(笑)

ニューヨークにはさまざまな人種がいるけど、東京はかなり独特だよね。それにすごく静か。ニューヨークを走ってる車は、クラクションを鳴らしまくるのがもはや義務みたいなものだからね(笑)。つい先日、都内の小さな通りを歩いていたら、僕の背後に一台の車がいたんだけど、あまりにも静かで僕は気づかなかったんだ。クラクションを鳴らせばいいのにって思ったけど、郷に入れば郷に従えだよね。

東京はファッション的にも面白いよ。特に若い女性のファッションは変わってるね。ニューヨークの知人女性に東京の服を買っていこうかなと思ってるんだ。アニメのコスプレ衣装じゃなくてね(笑)。
Interview by Sahoko Yamazaki (RSJ)

TOPICS

RECOMMENDED