白石和彌監督が選ぶ、日活ロマンポルノ3本

By RollingStone Japan 編集部
白石和彌監督が選ぶ、日活ロマンポルノ3本。(C) 日活
新生ロマンポルノ『牝猫たち』の白石和彌監督が選ぶ、日活ロマンポルノ3選。

1971年に製作を開始し、1988年までの17年間の間に約1,100本もの作品が制作された成人映画のレーベル「日活ロマンポルノ」。その伝説的レーベルを現代にリブートした新作プロジェクトの中の1本、『牝猫たち』の白石和彌監督が選んだ日活ロマンポルノ3本とは?

『(秘)色情めす市場』

大阪釜ヶ崎のドヤ街を舞台にした田中登監督の名篇。通天閣が見下ろす夏の釜ヶ崎を舞台に、孤独な売春婦のトメをはじめ、ワケあり根無し草の人々が織りなす日々を描く。

監督:田中登
脚本:いどあきお
キャスト:芹明香/花柳幻舟/夢村四郎/萩原朔美/絵沢萌子/宮下順子ほか


(C) 日活

『赤線玉の井 ぬけられます』

原作は清水一行の『赤線物語』。昭和33年の新春、売春防止法が施行された頃の東京“玉の井”の特飲街で働く売春婦たちの哀歓を描く。

監督・脚本:神代辰巳
キャスト:宮下順子/芹明香/丘奈保美/中島葵/吉野あい/絵沢萠子ほか


(C) 日活
Interview by Sahoko Yamazaki (RSJ)

TOPICS

RECOMMENDED