新生ロマンポルノ:白石和彌監督がこだわった風俗嬢のリアル『牝猫たち』

By RollingStone Japan 編集部
新生ロマンポルノ:白石和彌監督がこだわった風俗嬢のリアル『牝猫たち』。(C) 2016 日活
ロマンポルノの看板を借りて、名匠・田中登監督作にオマージュを捧げた現代劇『牝猫たち』。

『凶悪』(14)、『日本で一番悪い奴ら』(16)に続く、白石和彌監督の最新作は、現代社会を逞しく颯爽と生き抜く風俗嬢たちのリアルをジャーナリスティックな視点で捉えた、白石監督にしか描けない日活ロマンポルノだ。

本作で映画初主演を果たした井端珠里は、母親の強い反対を押し切って大胆な濡れ場に挑んだ。覚悟を決めた女優・井端と、これからの日本映画界を担う若手実力派・白石監督が語る、日活ロマンポルノをリブートする意義とは。


(C) 2016 日活

—男の性、同性愛、アート作品など、さまざまなジャンルが揃ったリブート企画ですが、白石監督が風俗嬢たちの日常という社会派な題材を選ばれた理由というのは?

白石監督:今やる意味というか、「現代性を出してくれ」ということは企画を受けた段階で言われていましたね。田中登監督の『牝猫たちの夜』へオマージュを捧げた作品ではありますが、枠組みだけ借りて、物語の舞台を現代に持っていければいいかなと考えていたんです。

—白石監督といえば、やはりヘヴィな作風というイメージがあります。しかし今作には、ラヴストーリーやコミカルな要素もありますよね。

白石監督:ヘヴィな作風・・・自分的にはそんなことないって思ってるんですよ(笑)。『凶悪』の後、警官がシャブ打つのが見せ場みたいな映画(『日本で一番悪い奴ら』)を作ったので、そういうイメージは強いかもしれないですけどね。もちろんヘヴィな作品は好きなんですけど、そういう映画しか見て来なかったわけじゃなく、恋愛映画も見てきたので、映画監督としてそういうものもできるという自負はあります。

—キャスティングで重要視したポイントは?

白石監督:全体の作りとしては、ルポタージュの映像化みたいに見えればいいなと。風俗嬢を描くことに関しては、「さっきの喫茶店で隣にいた人が風俗嬢だよ」「え、まじ?」みたいに見えればいいなと思っていたんです。それは珠里ちゃんが風俗嬢に見えるということではなく。なので、役者のほとんどはオーディションで実際に会って選びました。

—白石監督と井端さんの出会いは?

白石監督:実は10年くらい前、若松孝二監督の助監督時代に会っているんですよ。『17歳の風景~少年は何を見たのか』という作品に珠里ちゃんに出てもらったんです。撮影時間は10分くらいだったんですけど、すごく印象に残っていて、足立正生監督の『断食芸人』に出ているのを見て、「まだ女優さんをやってたんだ」って。
Interview by Sahoko Yamazaki (RSJ)

RECOMMENDED

TREND