Yes, We Did!オバマ大統領、感動的なお別れスピーチを披露

By JON BLISTEIN
大統領として最後の感動的なスピーチを行ったバラク・オバマ(Photo by Scott Olson/Getty Images)
バラク・オバマはシカゴで、大統領として最後の感動的なスピーチを行い、心に響く言葉で国民の強い結束を呼びかけた。我々には、"偉大なる自分たちの国をより良くする努力を続けなければならないという希望に満ちた使命が課されている」

バラク・オバマは大統領として最後のスピーチを行った。「"国をより良くする努力を続ける"という希望に満ちた使命を果たしていこう」と国民に呼びかけ、心に響く言葉で強い結束を訴えた。さらに「外見は一人ひとり異なるが、我々は全員"国民"という共通の誇り高き肩書を持っている」と述べた。

「もはや誰も指示に従う者のいなくなった今の私は、レームダック(死に体)状態と言えるだろう」。2017年1月10日(現地時間)、大統領への足がかりを掴んだ地元シカゴで熱狂する観衆に迎えられたオバマは、ジョークも交えながら大統領として最後のお別れスピーチを行った。

オバマ大統領は、在職中の8年間に上げたさまざまな功績にも触れながら、発展し続けるアメリカの伝統的な自治の精神に主眼を置いて人々に語りかけた。さらに、テロ、貧富の格差、人種間の不公平、ますます偏向し分裂する政治的展望など、真の平等や正義を妨げるさまざまな脅威への警鐘を鳴らした。

経済的正義に関しては、「子供たち全員に適切な教育を受けさせ、より良い待遇を求める労働組合を結成できるだけの力を労働者に与えられるような社会的仕組み作りが必要で、さらに社会的セーフティ・ネットを整備し、税制改革を推進することで国からの利益を得る企業や個人が果たすべき義務を怠らないようにする工夫も必要だ。それぞれの目標を計画通りに達成するための議論は大切だが、目標を立てるだけで満足してしまってはいけない」。

オバマはこの問題を人種間の平等とも関連付けた。「すべての経済問題が、勤勉な白人中流階級と不当な扱いを受けているマイノリティとの間のせめぎ合いとして括ってしまうと、ひと握りの富裕層がますます潤い、労働者階級は人種にかかわらずおこぼれを巡って争いを繰り広げるという構図が続く」。
Translation by Smokva Tokyo

TOPICS

RECOMMENDED

TREND