植田真梨恵の中に潜むイノセンティズムと狂気、その根源とは|インタヴュー後編

By Joe Yokomizo
2016年12月にアルバム『ロンリーナイト マジックスペル』をリリースした植田真梨恵
若手女性ミュージシャンの中で異彩を放つ、"感情型"シンガーソングライター植田真梨恵のインタヴュー。

記事前編では2016年12月にリリースされた最新作『ロンリーナイト マジックスペル』をフックに、その深層心理へ迫ったが、後編では、言葉に対する意識や音楽以外の活動といった側面から、彼女の行動原理を探っていく。

前編はこちら

-そうやって作った曲の歌詞で、後から気づいたことってありますか?

自分では全然意識してなかったのですが、全部の曲の根底に、子供の頃の夢や願いが繰り返しワードとして出てきているのが面白かったです。

―それは改めて興味深いです。もう少し踏み込みたいのですが、言葉というものをどんな風にとらえていますか? 言葉は器でしかないという人もいれば、言葉は自分を映す鏡だという人もいる。

私としては歌うならばロマンチックな歌が歌いたいので、言葉の響き自体がロマンチックなのが好きなんです。自分で曲を作って歌う以上、自分がキュンとなる言葉を採用していきたくて。で、結果的に暗い歌詞になることが多いんですけど(笑)。切なさって、何かきらめくんですよね。切なさとは美しくて儚いじゃないですか。生きていると生々しかったり色っぽくないことがいっぱいあるので、歌うことでその全部を切なくて綺麗なもの、美しいものに変えられたらいいなと。あと、絵本みたいに言葉数が少ない中でも誰もが情景を浮かべられるような、なおかつちゃんと残るような歌詞を書きたい。ライヴで聴いていても、ひらがなで歌詞が入ってくる感じというか。そういう感覚というのは自分の中ですごく大事にしています。

―本は結構読む方ですか?

最近はあまり読まなくなりましたけど、10代の頃はよく読んでいました。金原ひとみさんとか川上未映子さんのような、情緒不安定系の女流作家さんの本が好きで。そういえば、2016年は本読まなかったなぁ・・・。日々をこなすのと音楽活動でいっぱいいっぱいで、自分に余裕がなかったんですよね。今年はインプットをいっぱい蓄えていこうと思っているので、音楽も勉強したいし、漫画も読みたいです。このあいだ好きな漫画を聞かれた時、全然答えられなくて悔しかったんで(笑)。

―音楽以外のことといえば、来年は映画にも出演なさるそうですね。

はい。『トモシビ』という作品で、監督は杉山太一さん。2017年6月に公開になります。

―演技はどうでしたか?

すごく難しかったです、本当に。演技なんてほとんどしたことがなかったので、"この役をやってもらいたいんだけど"というお話をいただいてから、ずっと心配していました。いまだに、本当に演技できていたのかな? と思ってしまう。

―歌うことと演じることって、やっぱり違うものですか?

似たところがあるのかな、と思っていたけど、あまり似ていなかったですね。映画は人と一緒に作っていくもので、さらに何回も同じシーンをひっくり返しながら撮っていったりするので、余計難しい。私は毎回心を震わせながら歌いたいと思ってステージに立っているので、セリフも同じように毎回心を震わせられると思っていたんですよ。でも、やっぱり難しかった。改めて女優さんのすごさを知りましたね。

TOPICS

RECOMMENDED

TREND