元NBAコーチの新著に対し、ケニヨン・マーティンなど選手たちが大反論

By Scott Rafferty
今月発売のジョージ・カールの回想録の内容に対し反論したケニヨン・マーティン


まだゴタゴタ言ってんのか。さっさと消えればいいものを


デンバー時代のチームメイトは好きだった。あいつが単に気難しい老人ってだけだ

加えてカールは著書の中で、アンソニー、マーティン、スミスを"自分勝手な幼児軍団"と呼び、特にスミスを"全能感の強い幼児"であり、"目障りなギャングの大将"と批判している。シーズン前半には、ニックス球団社長のフィル・ジャクソンが、この"ギャング"という言葉をレブロン・ジェームスのビジネス・パートナーに対して使ったことで批判を浴びている。ジェームスはこの件で「ジャクソンに対する尊敬の意を完全に失った」とコメントした。


Translation by Yu Sekine

TOPICS

RECOMMENDED

TREND