キャリー・フィッシャー、波乱の人生:「私の実父は闇の世界へ堕ちた」

By DANIEL KREPS
Photo by Lucasfilm/Sunset Boulevard/Corbis via Getty Images
米国時間12月27日8時55分、『スター・ウォーズ』シリーズでレイア姫を演じたキャリー・フィッシャーが、心臓発作のため逝去した。享年60歳であった。彼女の波乱万丈の人生と共に、数々の追悼コメントを紹介する。

12月27日(米現地時間)、『スター・ウォーズ』シリーズでレイア姫を演じた女優、キャリー・フィッシャーが死去した。先週、フィッシャーは重度の心臓発作に襲われていた。

フィッシャーは、12月23日ロサンゼルス行きの着陸15分前に心臓発作を起こした。機内に搭乗していた医師が、救急隊員が到着しUCLAメディカル・センターへ運ぶまで心肺蘇生術を施していた。メディカル・センター到着後、人工呼吸器の利用が始まった。

フィッシャーはまた、「シリーズの悪役ダース・ベイダーの生き別れとなった娘レイア姫としての自分と、50年代のスーパースターを両親に持ちユニークな少女時代を送った自分との間には相通ずるものがある」とも言っている。フィッシャーの子供時代は、大々的に報道される母親の離婚歴や、父親の薬物乱用問題を耐え忍ぶ日々だったという。2010年に亡くなった彼女の父親は、13年間に渡る"スピード(薬物)"の使用で精神を病んでいたものの、「本当に優しい人だった」とフィッシャーは1980年に語っている。

「レイア姫の本当の父親は、母親がレイア姫を出産した時にはそこにいなかった。それで母親はキング・オーガナと結婚した。養子となったレイア姫は王女として育てられたため、周囲の人々とは隔離されていた。私とレイア姫の人生にはたくさんの共通点があると思うの」と、フィッシャーは語った。「私の実の父親は闇の世界へと足を踏み入れ、母親は億万長者と結婚した。弟と私は両親の問題とは無縁の道を歩んだ。弟はキリスト教の道へ進み、私は私で自分のやりたい仕事を選び、自分を磨くために一生懸命努力した。面白い話ね」。
Translation by Smokva Tokyo

TOPICS

RECOMMENDED