Rolling Stone

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

プロレスと格闘ゲームの申し子、ケニー・オメガが世界を制する

TAKURO UENO | 2016/12/30 13:00

| バレット・クラブの仲間とともにG1 CLIMAX優勝を祝うケニー・オメガ(C)新日本プロレス |


ドームのビッグマッチに出るということは、俺の仕事なんだ

―戦国炎舞 -KIZNA- Presents WRESTLE KINGDOM 11 in 東京ドームまでもうすぐですが、心境は?

ケニー:フィジカルのコンディションを調整しているところだ。とてもいい感じで、特に緊張とかはしていない。偉そうなコメントかもしれないが、ドームのビッグマッチに自分が登場するのは当たり前だと思ってる。だって、俺の代わりに誰がドームのメインを務めることができる? 俺以外のレスラーだったら新日本プロレスという団体のブランドが傷つくだろ。ドームのビッグマッチに出るということは、俺の仕事なんだ。しっかりやるだけさ。俺にとってプロレスは簡単な仕事だよ。だから緊張しない。ただ、G1の時の怪我が完全に治ってないから、いい身体に仕上げつつ、怪我も少しずつ治していきたい。でも頭は完全に大丈夫だ(笑)。


(C)新日本プロレス

―オカダさんは緊張してますかね?

ケニー:ぜんぜん緊張してるようには見えないな。アイツはドームのメインを3年連続で務めてるから。まあでも、東京ドームは不思議な場所だね。何回やっても慣れない。1年に1回だけ出て、毎回初めて挑戦するような気持ちでもある。

―ケニー・オメガとオカダ・カズチカのプロレスのビジョンは相容れないものなのでしょうか?

ケニー:オカダはこのままのプロレスを守りたいだけだよ。ずっと変わらなくていいってこと。それはそれでいいんじゃない? アイツは毎年ドームのメインに出るし、毎月後楽園ホールで試合がある。その変わらない感じを日本のファンが望んでいることも分かる。俺は違うよ。アメリカ、イギリス、台湾、シンガポール、スペイン、世界にいる新日本のファンのためにプロレスを変えたいんだ。

ケニー・オメガ


1983年10月16日生まれ。カナダ・マニトバ州出身。2000年2月にウィニペグのローカル団体Top Rope Championship Wrestling でプロレスデビュー。2010年1月31日には新日本プロレスに初参戦。2015年1月4日『WRESTLE KINGDOM 9 in 東京ドーム』大会にて、田口の持つIWGPジュニアヘビー級王座に挑戦し、最後は必殺技“片翼の天使”で田口を下し、第70代IWGPジュニアヘビー級王者座となった。16年1月5日、後楽園ホールでは、AJスタイルズを追放して、BULLET CLUBの新リーダーに就任。16年2月14日アオーレ長岡大会・IWGPインターコンチネンタル王座決定戦で、棚橋弘至を破り、第13代IWGPインターコンチネンタル王者となる。16年2月20日後楽園ホール大会・NEVER無差別級6人タッグ選手権試合で、矢野通&ジェイ・ブリスコ&マーク・ブリスコ組を破り、マット・ジャクソン&ニック・ジャクソンとともに第4代NEVER無差別級6人タッグ王者となる。16年8月14日両国国技館大会・『G1 CLIMAX 26』優勝決定戦で、後藤洋央紀を破り、G1史上初となる外国人選手の初優勝を果たした(※初出場初優勝)


戦国炎舞 -KIZNA- Presents WRESTLE KINGDOM 11 in 東京ドーム

[レッスル キングダム 11]
2017/01/04(水)@東京ドーム
新日本プロレスが誇る通称「イッテンヨン」こと年に一度のビッグマッチであり、プロレス界最大のビッグイベント。ケニー・オメガはこの大会のメインカードとして、オカダ・カズチカとのIWGPヘビー級選手権試合を控えている。
http://wrestlekingdom.jp/



新日本プロレス公式HP:http://www.njpw.co.jp/

RECOMMENDED

おすすめの記事