韓国映画界の異端児キム・ギドクが南北問題に斬り込む:映画『The NET 網に囚われた男』

監督:キム・ギドク | 出演:リュ・スンボム、イ・ウォングン、キム・ヨンミンほか / 配給:クレストインターナショナル
By Keiichiro Oshima
(C) 2016 KIM Ki-duk Film. All Rights Reserved.
過激な暴力描写と映像美で知られるキム・ギドクが南北問題を真っ向から描いた社会派ドラマ

南北の境界線上にある川で漁師を営む北朝鮮人のナム・チョル(リュ・スンボム)は、ある日、乗っていたボートが故障したことで、韓国へと流されてしまう。すぐに韓国の警察に拘束され、彼はスパイ容疑をかけられ厳しい訊問を受ける。


(C) 2016 KIM Ki-duk Film. All Rights Reserved.

北朝鮮に帰りたいと必死に訴えるチョル。だが、警察は彼がスパイであると疑わず、彼に亡命するよう求めてくる。そんななか、警護に当たるオ・ジヌ(イ・ウォングン)の協力もあり、チョルは北朝鮮へ戻れることとなる。表向きは英雄の帰還と称える北朝鮮政府。だが、チョルは帰国するや否や、今度は北朝鮮の警察から訊問を受けることになり・・・。


(C) 2016 KIM Ki-duk Film. All Rights Reserved.

過激な暴力描写と映像美で知られるキム・ギドクが、南北問題を真っ向から描いた社会派ドラマ。今作では彼らしい芸術的描写は抑え気味で、むしろ徹底したリアリズムに寄っている。ほかの作品と比べて台詞が多いのも大きな特徴だろう。丹念に現実を描くことで彼は問題の本質を浮き彫りにしようとする。そこには、彼の持ち味である"弱者への視線"も活かされている。

TOPICS

RECOMMENDED

TREND