2016年、人気洋楽ソング・ベスト10

By BRITTANY SPANOS
読者に2016年のお気に入りソングを投票してもらった。その結果はいかに?
ビヨンセの『フォーメーション』とデヴィッド・ボウイの『ラザルス』を退けてトップに輝いた曲とは?

シングルがアルバム以上に重要視されるのではと懸念される中、アルバムがパワフルなカムバックを果たした。そして多くのアーティストが、ラジオやプレイリストで流れる内省的、個人的、あるいは想像をはるかに超えるキャッチーなシングルをリリースし続けている。人種差別を非難する曲から、世界に衝撃を走らせた死の直前の最後の別れ曲まで、本誌読者が選んだ2016年のベスト・ソングとは?

10位 ベック 『Wow』
(原題:Beck, ’Wow’ )


ベックは2014年のグラミー賞受賞アルバム『モーニング・フェイズ』に続く曲で今回もまた、大胆にも新しいサウンドを届けてくれた。ポップとラップの要素を兼ね備えた『Wow』は、未だタイトル未定の通算10枚目となるスタジオ・アルバムからのセカンド・シングルである。曲のビートと切れ味抜群の低いベースの中で、ベックが『ルーザー』で見せた舌を噛みそうな早口を披露する。
Translation by Miori Aien

RECOMMENDED

TREND