デヴィッド・ボウイ、人気ミュージックビデオ・ベスト10

By BRITTANY SPANOS
今週69歳でこの世を去ったデヴィッド・ボウイのファンは皆ミュージック・ビデオを見て名残惜しんだ(Photo by Rob Verhorst/Redferns)
デヴィッド・ボウイの長いキャリアの中から、特に人気のあったミュージック・ビデオを紹介。

今年、デヴィッド・ボウイがこの世を去ってから、インターネット上に公開されているボウイのミュージック・ビデオにファンが殺到、VevoやYouTubeでは過去に例を見ない閲覧数を記録した。記憶に残るシングル曲のビデオクリップを見ることは、世間をあっと言わせたアート感覚と斬新な音楽を自由自在に融合させたロックスターを追悼するにあたり、最もふさわしい手段だった。本誌はボウイのファンに向け、ミュージック・ビデオの人気投票を開催した。集計結果は以下のとおり。

『Modern Love/モダン・ラヴ』(1983年)


ボウイがそれまでのメタファーを捨て、ゴスペルのような会場との一体感を目指したシングル曲。ブカブカの黄色いスーツに身を包み、ビッグバンドを率いている。アリーナ席の観客を前に演奏するスタイルで撮影されており、リトル・リチャードにインスパイアされたコール&レスポンス(※歌手の呼びかけに観客が呼応する)のスタイルを強調している。
Translation by Kyoko Kawamae

RECOMMENDED

TREND