映画で見る、ローリングストーン誌を創った偉人たち

By RollingStone Japan 編集部
映画で見る、ローリングストーン誌を創った偉人たち。Photographs (C) 2007 by Annie Leibovitz
1967年、ジョン・レノンが表紙を飾った記念すべき創刊号からおよそ50年。音楽、映画、政治、カルチャーなど、反骨のジャーナリズムでアメリカのポップ・カルチャーを見つめ続けてきたローリングストーン誌を形作った立役者たちを紹介する。

1967年にアメリカで創刊したRolling Stone(ローリングストーン)誌は、音楽、映画、政治、カルチャーなどを扱う総合的ポップカルチャーマガジン。ジョン・レノンが表紙を飾った創刊号から、米国が分断された2016年の大統領選挙、それに伴うオバマ大統領と編集長ヤン・ウェナーの対談など、時に世論に論争を巻き起こしながら、アメリカのポップ・カルチャーをおよそ50年にも渡って追い続けてきた。

米国ニュー・ジャーナリズムの旗手、ハンター・S・トンプソン、ローリングストーン誌の写真家としてキャリアをスタートさせたフォトグラファーのアニー・リーボヴィッツ、学生の頃に誌面に寄稿していた映画監督キャメロン・クロウなど。ローリングストーンという特異なメディアを形作った偉人たちをモチーフにした映画5本を紹介する。

『GONZO −ならず者ジャーナリスト、ハンター・S・トンプソンのすべて』
発売中 DVD:¥3,800(税抜)
発売元:ファントム・フィルム
販売元:アミューズソフト



今もなお語り継がれる唯一無二のジャーナリスト、ハンター・S・トンプソン。どんな取材相手にも果敢に飛び込んでいく姿勢は、それまでの報道スタイルを根底から覆し、"ジャーナリズム界のロックスター"と呼ばれた。ニクソン、マクガバン、カーターら、歴代の大統領選をも左右する驚異の存在感で、メディアの寵児として国民に熱狂的に受け入れられた。その過激な発言と行動がとかく取り沙汰されるが、彼がいかにして伝説的なジャーナリストになったのか、その真髄を収めたドキュメンタリー映画。

監督・脚本・製作:アレックス・ギブニー
ナレーション:ジョニー・デップ
出演:ジョニー・デップ/アニタ・トンプソン(トンプソン2度目の妻)/チャールズ・ペリー(ローリングストーン誌編集者)/トム・ウルフ(作家/ジャーナリスト)  /ヤン・S・ウェナー(ローリングストーン誌、共同創設者・出版人)/ジミー・カーター(元アメリカ合衆国大統領)

『アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生』
発売中 DVD:¥1,143(税抜)
発売・販売元:ギャガ


Photographs (C) 2007 by Annie Leibovitz

女性写真家アニー・リーボヴィッツの名を知らない人でも、70年代ロックが好きな人なら彼女が撮った写真は目にしたことがあるはず。アニー・リーボヴィッツの写真家としての人生は、1970年にローリング・ストーン誌の写真を撮ることから始まった。当時、サブカル系雑誌としてアメリカの若者から絶大な人気を誇ったローリングストーン誌の写真家としてローリング・ストーンズのツアーに同行し、ジョン・レノンが凶弾に倒れる数時間前に撮影されたポートレートを撮影したリーボヴィッツ。彼女の妹であるバーバラ・リーボヴィッツがメガホンを取り、撮影現場の様子や被写体となった人々へのインタビュー、さらにこれまでの人生を振り返り、ひとりの女性としてのアニーの生き方を浮き彫りにしたドキュメンタリー。

監督:バーバラ・リーボヴィッツ
出演:アニー・リーボヴィッツ/オノ・ヨーコ/デミ・ムーア/キルスティン・ダンスト/ジョージ・クルーニー/パティ・スミス/ミック・ジャガー/ミハイル・バリシニコフ
Text by Sahoko Yamazaki (RSJ)

TOPICS

RECOMMENDED