塩田明彦監督が選ぶ、日活ロマンポルノ3本

By RollingStone Japan 編集部
塩田明彦監督が選ぶ、日活ロマンポルノ3本。(C) 日活
新生ロマンポルノ『風に濡れた女』の塩田明彦監督が選ぶ、日活ロマンポルノ3選。

1971年に製作を開始し、1988年までの17年間の間に約1,100本もの作品が制作された成人映画のレーベル「日活ロマンポルノ」。その伝説的レーベルを現代にリブートした新作プロジェクトの中の1本、『風に濡れた女』の塩田明彦監督が選んだ日活ロマンポルノ3本とは?

『恋人たちは濡れた』
神代辰巳監督による青春映画の歴史的傑作。70年代の残像が残った若者の浮遊感や倦怠感を見事に切り取った異色作で、共同脚本の鴨田好史の心象が色濃く反映されており、ロマンポルノにおける神代作品の中で唯一の"男の映画"である。


(C) 日活

監督:神代辰巳
脚本:神代辰巳、鴨田好史
出演:中川梨絵、絵沢萠子、薊千露、大江徹、堀弘一

『発禁本「美人乱舞」より 責める』
ロマンポルノの巨匠、田中登が責めの研究の大家・伊藤晴雨氏をモデルにしたフィクションを映画化。宮下順子、中島葵が、責めの本質に身体をはって挑んだ。責めの極致と女の業を描いた話題作。


(C) 日活

監督:田中登
脚本:いどあきお
出演:宮下順子、山谷初男、中島葵、工藤麻屋、南寿美子ほか
Interview by Sahoko Yamazaki (RSJ)

TOPICS

RECOMMENDED