20年前に『ローグ・ワン』を予知していた、スター・ウォーズゲームとは

By Nathan Ditum
1995年リリースのテレビゲーム『スター・ウォーズ ダークフォース』(Glixel)
1995年リリースのテレビゲーム『スター・ウォーズ ダークフォース』は、デス・スターの設計図を奪取するストーリーに基づいている。『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の世界をいち早く表現していた20年前の『ダークフォース』を振り返る。

『ダークフォース』は、最初のステージから私たちのテンションを高揚させてくれる。なにしろ、一人称としての"私"が『スター・ウォーズ』の世界の中でプレイするのだから。プレイヤーは、今の私たちが思い浮かべるものとは違う、ある意味進化形とも呼べるような不恰好で左右非対称のブラスター銃を持っている。いかにも90年代半ばのゲームといった感じだ。プレイヤーは与えられた任務の達成のために注意深く進んでいき、目の前に現れる帝国軍の敵を撃つと、彼らはやはり、いかにも90年代半ばのゲームの動きといった感じで倒れるのだ。

1993年、Id Software社は『Doom』をリリースした。一人称視点でショットガンを撃ちまくるストーリーと暴力的な描写で、ゲームの歴史を変えたゲームである。『Doom』は精巧なデザインと無慈悲な3Dバイオレンスが共存する、ファーストパーソン・シューティングゲーム(FPS)の先駆け的存在だ。また、その拡張性の高いソフトウェア・デザインで"プレイヤーによるカスタマイゼーション"の大きな波を巻き起こしたゲームでもある。その当然の帰結として、『Doom』のリリースから数ヵ月後、スター・ウォーズはサウンド・エフェクト、ストームトルーパーの赤い光弾、デス・スター的なレベルデザインを『Doom』的なプラットフォームに落とし込むことを始めた。1995年にリリースされた『ダークフォース』は『Doom』のような一人称視点を核としつつ、スター・ウォーズ公式の設定とキャラクターで進行していくゲームであり、『Doom』が作った流れに対するルーカスの公式回答である。

ルーカスアーツはそれ以前から、スター・ウォーズの世界をゲームに移植することは行っていた。『ダークフォース』以前のスター・ウォーズ関連ゲームとしては、1993年リリースの『X-Wing』、そして1994年リリースの『TIE Fighter』がある。いずれもプレイヤーが一人称視点でスター・ウォーズの世界での空中戦を繰り広げるゲームである。しかしゲームをプレイしてみるとわかるのだが、あまり没頭できるタイプのゲームではない。その映画のペースさながらのスピード感ゆえに、集中力が宇宙空間の広がりの中に散漫してしまうような感覚を覚えるのだ。スター・ウォーズとは、結局のところ、カリフォルニアの砂漠の町モデストでレーシング・カーに執着していたジョージ・ルーカス自身の若者時代が、宇宙レベルで描かれている・・・そんな映画なのである。猛スピードの宇宙船、コクピット、ケッセル・ランを描くこの映画のストーリーは、やはりどんどんスピードアップしていくのだ。


ルーカスアーツ制作の『ダークフォース』は今みると原始的だが、1995年当時はこれが映画に近づける最大限の努力の結果だった(Glixel/LucasArts)

その点、『ダークフォース』はより深く、ゆっくりとしたペースで進むゲームである。『スター・ウォーズ』の宇宙が、地に足を着けてプレイできる世界に展開されており、コックピットからの限られた視野ではない広い世界がそこには広がっている。このゲームの"広い世界"は緻密に計算された精巧なものではなかったかもしれないが(当時のテクノロジーでは限界があった)、スター・ウォーズの宇宙をここまでゲームの世界に再現したことは評価に値する。しかし次の点を考慮すれば、もしかするとこのゲームの素晴らしさはむしろ当然の結果といえるかもしれない。1997年にロジャー・イーバートは、同年にリリースされたエピソード4の特別篇を評して、「再び『スター・ウォーズ』を観ることは、心の中の"ある場所"への再訪であり、それはなぜかといえば、スター・ウォーズはすでに"私たちの心を植民地化しているからだ"」とコメントした。『ダークフォース』に関しても同じことがいえる。このゲームの半分はスクリーンの中で展開し、残りの半分は、スター・ウォーズ・シリーズのセリフやシーンによって蘇る、私たちの心に植えつけられた想像上の宇宙の中で展開するのだ。
Translation by Yu Sekine

TOPICS

RECOMMENDED

TREND