大統領選翌日のオバマ大統領最後のインタヴュー:トランプの勝利、これからの自分

By JANN S. WENNER
大統領選から一夜明けて:オバマ大統領の遺したもの、トランプの勝利、これからの自分(Pete Souza/The White House)
大統領選の翌日に行われたローリングストーン誌創刊者兼編集長のヤン・S・ウェナーによるインタヴューで、米国最高司令官であるバラク・オバマは、予想外の結果となった選挙を振り返り、大統領退任後の展望を語った。

ホワイトハウスでのオバマ大統領との最後のインタヴューは、大統領選の翌日にスケジュールされていた。これまでの8年間で成し遂げた重要な成果やヒラリー次期大統領へ贈る言葉などを、ローリングストーン誌の読者向けに語ってもらう予定だった。本誌との4回目のインタヴューは、10回目となる表紙を飾るオバマ大統領の花道を飾るインタヴューとなるはずだった。信じられない結果が出た朝、ワシントンDCへ飛ぶ前にホワイトハウスへ電話した。オバマ大統領の政治生活の中でも最悪な日になるはずで、全く予期できず、怒りのぶつけようもない受け入れがたい現実に向き合わねばならない日だった。

所が大統領のオフィスからは、「大統領は予定通りインタヴューを受ける意向だ」との返答を受けた。どんよりした空模様の日で、私が到着した時にホワイトハウスは閑散としていた。長く憂鬱な一夜が明けた後のホワイトハウスには、わずかなスタッフが残るのみだった。まるで葬儀に参列しているような気分だった。

前回のインタヴューは2012年で、のんびりとした午後のことだった。1時間半の約束を大幅に超えた大統領執務室でのインタヴューを終えるとすぐ、ヒラリー・クリントン国務長官の元へと急いだ。彼女は大統領補佐官のデスクの横に座り、私を待っていた。今回はホワイトハウスに彼女の姿はなかった。


Ruven Afanador/CPi Syndication

ローリングストーン誌はオバマ大統領と長い間良い関係を保ってきた。最初のインタヴューは、2008年の大統領選が始まった頃に行われた。その時オバマ大統領は私のオフィスを訪れ、ディナーを共にした。それ以降、本誌は彼が上り調子の時も下り調子の時もいつでも支援し続けてきた。そのためオバマ大統領は、ローリングストーン誌の読者もオバマ支援者だと思ってくれていた。1年前、我々は大統領のアラスカ行きに同行し、氷河の素晴らしい景色を一緒に堪能した。高いプライドを持ち、オバマが歴史の波を乗り越えていく姿を我々は見守ってきた。

インタヴューでは、時間の許す限りあらゆることを伺おうと考えていた:何百万人という国民の家や貯蓄、仕事をも奪ったウォール街の数々の詐欺事件について、なぜ誰も責任を問われないのか?アメリカをイラク戦争という誤った方向へ導いた人々がなぜ罪を逃れているのか?ドナルド・トランプが台頭した場合、誰かが責任を取るのか?何百万エーカーという国土の保護を達成した充実感はあるか?気候変動対策を最終的に政策の主要課題のひとつとして掲げるためにとった施策は? 

「悲しいかな」

オバマ大統領はオフィスの前で私を出迎え、室内へ招き入れてくれた。大統領は疲れている様子だった。インタヴュー前のいつもの雑談もなく、彼はジャケットを脱いだ。いつもの椅子に腰掛け、「さあ、始めよう」と、彼はおだやかに、慎重にゆっくりと話し始めた。ひとつひとつを客観的に分析しながら冷静な口調だった。現職の大統領として口にできない事柄も多かったはずだが、言葉を選びながら、厳しい歴史的な一日について振り返った。
Translation by Smokva Tokyo

TOPICS

RECOMMENDED