ケンドーコバヤシの"オトナの遊び"対談:36歳を迎えたウーマン・村本の夜の悩み

By RollingStone Japan 編集部 2017/01月号 P110〜111 |
ローリングストーン日本版2017年WINTER/連載:SHIKO TALK(左)ケンドーコバヤシと(右)村本大輔(Photography by Ryugo Saito)
オナニーセレブ・ケンドーコバヤシをホストに据えた好評対談企画。17回目の今回は、ゲスな性格とTwitterの炎上ぶりには定評のあるウーマンラッシュアワー・村本大輔の登場!

村本:この仕事が35歳最後の仕事になります。明日から36歳……

ケンコバ:ということは、性欲が落ちてるよな。

村本:何でわかるんですか! ずばりそれですよ、今不安で不安でしょうがなくて……。ここ3カ月で80kgあった体重を運動と食事で62kgまで落としたんですよ。そしたらあんなにすごかった性欲が余分な脂肪と一緒に消えちゃって。ダイエットのせいかなって思ってたんですけど。

ケンコバ:それは年齢や。俺もそやった。

村本:だから今、無理やりオナニーしてるんですよね。ずっと寝る前の楽しみがオナニーだったんで、それをやめるということは、自分が自分で無くなりそうで、怖くて怖くて。

ケンコバ:
わかる。"そうか、そういう人生なのか"と宙を見つめてしまうような、な?

村本:そう、まさにそれです、今。もう朝勃ちもなかなかないんですよ、とにかく勃ちが悪い。

ケンコバ:
それは結構重症やな。でもな、安心していい。40になると、それまでが嘘みたいにやりだすから。またフワァッと浮かび上がる。

村本:そんな『鳥人間コンテスト』みたいなこと、あるんですか!

ケンコバ:
あるある。

村本:じゃあ風俗は行かなかったんですか、その30代後半の時期は。

ケンコバ
「行ってた。それはもう歯ァ食いしばって行ってた」

村本:歯ァ食いしばって、お金払って、風俗行ってたんですか(笑)

ケンコバ:
だからお前もオナニーはやめんな、歯ァ食いしばれ! 40になって性欲が戻るまで。

村本:女に関してもいく気がしないんですけど。頑張ればなんとかなりそうでも、見過ごしちゃう。いざそういうチャンスが来た時も、アソコの匂いとか気になるようになってしまって。性欲が強い時は全くそんなことなかった。恋はやっぱり蓄膿なんですかね……。
Text by Ryoichi Shimizu

RECOMMENDED

TREND